承継
 【訃報報告】【葬儀の事後連絡】の手順は以下の通りです
  1. 想いでサイト作成:下記のリンクをから故人の追悼サイトを作成します。
    ※ 雛形を使い遺族の弔辞などを添えると特別な訃報連絡になります※サイト作成の詳細

  2. 訃報報告メール送付:作成したサイト内の【今すぐ招待】 をクリックするとメールすることが出来ます。
    ※ LINEでの連絡の場合はサイトURLを送付します※LINEでのサイト共有方法
お悔やみサイトの作成

訃報の雛形(コピー貼り付け可)↓
訃報報告を書く



1)訃報報告葬儀をする場合

件名:【訃報】○○○○逝去のお知らせ

父/母が病気療養中の処、平成○年○月○日に他界いたしました。ここに生前のご厚誼を深謝し、謹んで通知申し上げます。

なお、通夜・葬儀は下記の通り仏式にて執り行います。

  • 故 ○○○ 儀 葬儀告別式
  • 通夜       平成○年○月○日(水) 午後○時より
  • 葬儀告別式    平成○年○月○日(金) 午後○時より○時まで
  • 場所       ○○斎場(住所、電話番号を記載)  (マップをリンク
  • 仏式       浄土宗
  • 喪主       ○○□□(長男)
  • 連絡先
  • 電話番号(自宅の電話や携帯の電話番号、メールアドレスなど)

花の手配について花の手配は(花屋の名前や連絡先)にて受け付けております。お花の注文は(日付)までにお願い申し上げます。
遠方よりお越しの方への宿泊情報遠方よりお越しの方のために、(宿泊先ホテルの名前)に宿泊の手配をいたしました。宿泊をご希望の方は、(ホテルの連絡先)までご連絡いただければ幸いです。
故人との思い出を共にし、最後のお別れをさせていただければと思います。ご多忙中のところ大変恐縮ですが、何卒ご参列いただけますようお願い申し上げます。
敬具

2)家族葬・直葬などー弔問・香典を辞退する場合(※コピー使用可)
〇〇 〇〇儀(故人様の名前) 儀 につきましては かねてより入院加療中でありましたが 去る〇〇年〇〇月〇〇日 〇〇歳にて永眠いたしました ここに謹んでご通知申し上げます。
 誠に勝手ではございますが 故人の遺志により 葬儀は近親者のみで家族葬にて執り行いました。 なお、弔問・香典・供花につきましても故人の遺志により辞退申し上げます 本来であれば早くお伝え申し上げることではございましたが 事後のご通知になりましたこと何卒ご容赦頂きたくお願い申し上げます。
ここに生前のご厚誼を深謝し厚く御礼申し上げます。
喪主 〇〇 〇〇           家族 一同


3)葬儀の事後報告ー参列できない方へ(※コピー使用可)
父・母○○○儀 天寿を全ういたし去る○月○日〇〇歳の生涯を閉じました。
本来なら早速お知らせすべきところでございましたが、ご通知が遅れました事を深くお詫び申し上げます。
なお葬儀は○月○日親戚のみにて相済ませました。ここに生前のご厚誼を深謝し謹んでご通知申し上げます。
尚 誠に勝手ながらご香典ご供花の儀等は故人の意志により固くご辞退申し上げます。
喪主 〇〇 〇〇           家族 一同


【その他の情報】故人の功績・人生史・写真アルバムを加えることもできます!
(例)「故人紹介:優しい自由人だった」 故人は、優しく心温まる人柄で知られていました。彼/彼女は常に他人に対して思いやりを持ち、自由な精神で人生を謳歌していました。誰に対しても温かい笑顔と優しい言葉で接し、周囲の人々に喜びや勇気を与えていました。彼/彼女の自由な魂は、永遠に私たちの心に生き続けるでしょう。


  • 大切な人が亡くなったとき 正式な訃報報告(葬儀の事後通知)をメールできます。
  • 従来の電話・ハガキに加え、ネット上で参列できなかった方々が追善供養できます。
お悔やみサイトの作成
✉️弔意・弔辞などにも利用可能です ↓


このメッセージは、 2023年10月4日に、㈱スマートシニアさんが投稿
【回答例】

お世話になっております、(あなたの名前)でございます。
突然の訃報に接し、大変驚いております。心よりお悔やみ申し上げます。

残念ながら、(具体的な理由を述べる、もしくはプライバシーの理由で具体的な理由を避ける場合は、個人的な事情や予定の都合上等の表現を使う)ため、葬儀には参列することができません。心よりお詫び申し上げます。

故人のご冥福を心よりお祈り申し上げます。何卒よろしくお願い申し上げます。

敬具
このメッセージは、 2023年10月4日に、㈱スマートシニアさんが投稿
【回答例】 

お世話になっております、(あなたの名前)でございます。
突然の訃報に接し、大変驚いております。心よりお悔やみ申し上げます。

ご案内いただいた葬儀に、参列させていただきます。
日時と場所を確認させていただきました。何卒よろしくお願い申し上げます。

お身体を大切にされ、ご自愛いただけますようお祈り申し上げます。

敬具
このメッセージは、 2023年6月11日に、㈱スマートシニアさんが投稿
例:英文

I am deeply sorry to hear about the passing of your loved one. My deepest sympathy goes out to you at this difficult time. May happy memories of your [family member] bring you comfort at this sad time. I am saddened to hear of the loss of your [family member].

(あなたの最愛の方のご逝去を知り、深くお悔やみ申し上げます。この困難な時期に、心よりお見舞い申し上げます。この悲しい時期に、あなたの[家族]の幸せな思い出があなたに慰めをもたらしますように。あなた[ご家族]の訃報を聞いて悲しく思います。)

Wishing you peace, comfort, courage, and lots of love at this time of sorrow. My heart goes out to you at this difficult time. Wishing you the best and know you have my full support in every moment. I am thinking of you and your family and sending caring thoughts your way to support you through this.

(この悲しみの時に、あなたに平和、慰め、勇気、そしてたくさんの愛がありますように。この困難な時期に、心よりお見舞い申し上げます。あなたの幸運を祈ります。そして、いつでも私が全力でサポートしてくれることを知ってください。私はあなたとあなたの家族のことを考えており、この状況を乗り越えるためにあなたに思いやりの気持ちを送ります。)

このメッセージは、 2023年6月11日に、㈱スマートシニアさんが投稿
例:(ご尊父・お父様)(ご母堂・お母様)

1) ご尊父様のご逝去の報に接し、
謹んでお悔やみ申し上げますとともに、
心からご冥福をお祈りいたします。

2) お父様の訃報に接し、心よりお悔やみ申し上げます。
在りし日のお姿を偲びつつ、ご冥福をお祈りいたします。

3) お母様の訃報に接し、心よりお悔やみ申し上げます。
在りし日のお姿を偲びつつ、ご冥福をお祈りいたします。

4) お母様のご逝去の報に接し、心よりお悔やみ申しあげます。
ご生前をお偲びし、悲しみにたえません。
故人のご冥福をお祈りいたします。

このメッセージは、 2023年6月11日に、㈱スマートシニアさんが投稿
例 [お悔やみ(一般)]

1)ご逝去を悼み、謹んでお悔やみ申し上げます。
2) ご逝去を悼み、ご冥福をお祈り申し上げます。
3) ご生前のご功績を偲び、心からご冥福をお祈り申し上げます。
4) ご逝去の報に接し、心からお悔やみ申し上げます。
5) ご生前のご厚情に深く感謝するとともに、故人のご功績を偲び、心からご冥福をお祈り申し上げます。
このメッセージは、 2023年6月11日に、㈱スマートシニアさんが投稿
例 [お悔やみ(ご主人・奥様)]

1)ご主人様のご逝去の報に接し、
謹んでお悔やみ申し上げますとともに、
心からご冥福をお祈りいたします。

2)奥様の訃報に接し、心よりお悔やみ申し上げます。
在りし日のお姿を偲びつつ、ご冥福をお祈りいたします。

メッセージの投稿

 
メッセージ
このメッセージは、 2023年10月4日に、㈱スマートシニアさんが投稿
【回答例】

お世話になっております、(あなたの名前)でございます。
突然の訃報に接し、大変驚いております。心よりお悔やみ申し上げます。

残念ながら、(具体的な理由を述べる、もしくはプライバシーの理由で具体的な理由を避ける場合は、個人的な事情や予定の都合上等の表現を使う)ため、葬儀には参列することができません。心よりお詫び申し上げます。

故人のご冥福を心よりお祈り申し上げます。何卒よろしくお願い申し上げます。

敬具
このメッセージは、 2023年10月4日に、㈱スマートシニアさんが投稿
【回答例】 

お世話になっております、(あなたの名前)でございます。
突然の訃報に接し、大変驚いております。心よりお悔やみ申し上げます。

ご案内いただいた葬儀に、参列させていただきます。
日時と場所を確認させていただきました。何卒よろしくお願い申し上げます。

お身体を大切にされ、ご自愛いただけますようお祈り申し上げます。

敬具
このメッセージは、 2023年6月11日に、㈱スマートシニアさんが投稿
例:英文

I am deeply sorry to hear about the passing of your loved one. My deepest sympathy goes out to you at this difficult time. May happy memories of your [family member] bring you comfort at this sad time. I am saddened to hear of the loss of your [family member].

(あなたの最愛の方のご逝去を知り、深くお悔やみ申し上げます。この困難な時期に、心よりお見舞い申し上げます。この悲しい時期に、あなたの[家族]の幸せな思い出があなたに慰めをもたらしますように。あなた[ご家族]の訃報を聞いて悲しく思います。)

Wishing you peace, comfort, courage, and lots of love at this time of sorrow. My heart goes out to you at this difficult time. Wishing you the best and know you have my full support in every moment. I am thinking of you and your family and sending caring thoughts your way to support you through this.

(この悲しみの時に、あなたに平和、慰め、勇気、そしてたくさんの愛がありますように。この困難な時期に、心よりお見舞い申し上げます。あなたの幸運を祈ります。そして、いつでも私が全力でサポートしてくれることを知ってください。私はあなたとあなたの家族のことを考えており、この状況を乗り越えるためにあなたに思いやりの気持ちを送ります。)

大切な方の思いで

生い立ち

  • 1882年12月10日に「朴茂徳」として鹿児島県日置郡苗代川村(現在の日置市東市来町美山)で生まれた]。苗代川は、豊臣秀吉文禄・慶長の役の際に捕虜になり島津義弘の帰国に同行させられた朝鮮人陶工の一部が、薩摩藩によって集められて形成された集落であった。
  • 薩摩藩は苗代川の住民に対して、朝鮮の風俗を保持すること、日本名の使用禁止、他所との通婚の規制を命じる一方、他所の人間からの「乱暴狼藉」に対しては厳罰を課すなど、保護・統制が一体化した政策を取った。
  • 苗代川の住民の多くは「郷士」よりも下の地位に位置づけられたが、前記の保護ともあわせて手厚く遇された。しかし、明治維新後の壬申戸籍では「平民」とされ、1880年には苗代川の男子364人の連名で「士籍編入之願」が鹿児島県庁に提出された。この364人の中には、祖父・朴伊駒も名を連ねていた。しかし、士族への編入は1885年の最後の請願まで却下され続けた。
  • その翌年にあたる1886年、朴家は東郷を名乗る士族の家禄を購入してその戸籍に入り、9月6日付で当時満4歳まであと3ヶ月だった茂徳は「東郷茂徳」となった。なお、鹿児島では「東郷」姓はありふれたもので、朴家が入籍した東郷家は東郷平八郎とは無関係である。
  • 茂徳の父・壽勝は陶工ではなかったものの、雇った陶工の作った作品を横浜の外国人など県外に向けて販売し、財を築いたという。

功績

  • 30歳で外交官となり、中国、欧米で勤務後に欧米局長、欧亜局長を経て駐独大使、翌年駐ソ大使を歴任 していく。
  • 1919年(37歳)から3年間、対独使節団の一員としてベルリンに赴任し、ユダヤ系ドイツ人のエディ・ド・ラロンド(建築家ラランデ未亡 人)と出会い、恋仲となる。のちに結婚に反対する両親を説得して帝国ホテルで挙式した。
  • 1937年(55歳)から翌年まで駐ドイツ大使となったが、東郷はナチスを嫌悪し、ナチスと手を結びたい陸軍の意向を受けていたベルリ 駐在陸軍武官大島浩や、日本と手を結びたいナチスの外交担当リッベントロップと対立し、駐独大使を罷免される。 1941年(59歳) 10月、東条内閣の外務大臣として対米交渉にあたる。日米開戦に反対する東郷は、行き詰まった交渉を打開して開戦回避の道を探ろうとしたが果たせなかった。開戦に先立ち、対米宣戦布告文を米国に手交(しゅこう※手渡すこと)するよう日本大使館に訓電したが、現地での暗号解読が遅れ、 真珠湾攻撃には間に合わなかった。
  • 開戦後は早期講和への道を探る。 1942年(60歳) 9月1日、占領地域の統治を業務とした大東亜省の設置に反対し、東条首相と対立して大臣辞職。 外務省があるのに 大東亜省を設置すると、日本がアジア諸国を植民地のように扱っていると見られることを危惧した。同日、勅選されて貴族院議員となる。 1944年(62歳) 7月のサイパン島陥落で本土空襲が避けられなくなり、日本の敗戦が不可避と判断、負け方を研究するため世界の 敗戦史を調査。
  • 1945年(63歳) 4月、鈴木貫太郎首相から「戦争の見透かしはあなたの考え通りで結構であるし、外交は凡てあなたの考えで動かして ほしい」と言われて入閣し、再び外務大臣になる。 東郷は軍部の本土決戦論に対してポツダム宣言受諾を訴えるなど終戦工作に尽力す る。欧州ではドイツ敗戦が目前に迫り、ソ連が攻めてくる可能性もあり、事態は緊迫していた。5月にドイツが敗北すると、翌月に「和平 交渉をソ連に求める」という国家方針が天皇の意思により決定された。 だが、ソ連側の動きは鈍く、7月26日にポツダム宣言が突きつ けられた。 東郷は内容が順当なものであるとして昭和天皇に宣言の受諾を勧めたが、 阿南陸相は猛反対し、ポツダム宣言の全面拒否を 主張した。 結局、 ポツダム宣言に対しては「しばらく様子をみる」ということになったが、7月28日朝刊は「笑止」 (読売新聞) 「黙殺 朝 日新聞) と書き立てた。 阿南陸相がポツダム宣言非難声明を出せと譲らないため、 米内海相が妥協案として「宣言を無視する」という声 明を出すことを提案。 鈴木首相は会見で「ただ黙殺するのみ」としたが、連合国は「拒否」と受け取った。 8月6日に原爆が広島に投下さ れ、8月8日にソ連は対日参戦に踏み切った。
  • 8月9日午前、最高戦争指導会議が開催され、 東郷は 「皇室の安泰」 のみを条件としてポツダム宣言受諾をすべきと主張、米内海相と平 沼騏一郎枢密院議長がこれに賛成した。 しかし阿南陸相は条件を追加し、武装解除は日本側の手でおこなう、 東京を占領対象から外す、 戦犯は日本人の手で処罰する、と唱え、これに梅津陸軍参謀総長と豊田副武海軍軍令部総長が同意して議論は平行線になった。 阿南は 「戦局は五分五分である」 「本土決戦は勝算がある」と主張、 東郷は 「完全に負けている」「仮に上陸部隊の第一波を撃破できたとしても、 我が方はそこで戦力が尽きる。 敵側は続いて第二波の上陸作戦を敢行する。 それ以降も我が方が勝てるという保証はまったくない」と 反論した。 この会議の途中で、 長崎にも原爆が落ちた。 会議は深夜まで続き、 鈴木首相は結論を天皇の聖断にゆだねる旨を述べ、 天皇 は「外務大臣の案に同意である」と発言、 ポツダム宣言の受諾が決まった。 だが、降伏後の天皇の扱い曖昧であったため、阿南陸相 ・梅津 参謀総長は連合国との交渉が必要と訴え始め、東郷と米内海相は「再照会は交渉の決裂を意味する」とし再び議論が紛糾した。 14 日、 昭和天皇が「前と同じく、 私の意見は外務大臣に賛成である」という二度目の「聖断」が出され、陸軍強硬派もようやく折れ、ポツダム宣 言受諾となった。
  • 敗戦後、 東郷は東久邇宮内閣に外相として留任するよう要請されたが、 「戦犯に問われれば、 新内閣に迷惑がかかる」として依頼を断り、 東郷は平和主義者で軍部と常に対立していたが、開戦時の外相という責任を問われ、1946年5月1日に巣鴨拘置所にA級戦犯とし妻と娘のいる軽井沢の別荘に隠遁した。
  • 1948年 (66歳) 11月4日、 裁判所は東郷の行為を「欧亜局長時代から戦争への共同謀議に参画して、 外交交渉の面で戦争開始を助 けて欺瞞工作を行って、開戦後も職に留まって戦争遂行に尽力した」と認定して有罪とし、 禁錮 20年の判決を受けた。 東郷 「私には罪 がある。戦争を防げなかった罪だ。 しかし東京裁判であげつらった罪は何も犯してはいない。戦争が罪と言うならイギリスのインド併合、アメリカのハワイ併合の罪も裁け」。
  • 1950年、後世の文明史家のために、自己の外交官生活の回想録の執筆を獄中で行い、 『時代の一面』と命名し、これが遺書となった。
  • 原稿がほぼ完成したところで心臓病が悪化、7月23日、服役中に治療先のアメリカ陸軍病院で病死した。享年67。
※東郷は国際社会には法的枠組みによって戦争を回避する仕組みの必要性があり、新しい日本国憲法第9条がその流れに結びつく第一歩になると期待していた。
想いで

無料で使えるオンライン香典について

㈱スマートシニアさんが2023年6月27日に投稿
香典
中間業者なしで無料で使えるオンラインサービス:LINE PAY、ペイペイ、またはPAYPAL
オンラインで香典を受け付けるために、下記のリンクをホームに追加します。ここでは、一般的な手順をご紹介します。

1.LINE Pay: https://pay.line.me/
  • LINE Payのアプリをスマートフォンにダウンロードし、アカウントを作成します。
  • アカウント作成後、アプリ内でクレジットカードや銀行口座を登録します。
  • 香典を受け付ける際には、送金を受ける相手にLINE IDや電話番号を伝えます。
  • LINE Payのアプリ内で送金機能を使って相手に送金することができます。
2.PayPal: https://www.paypal.com/

  • PayPalのウェブサイトにアクセスし、アカウントを作成します。
  • アカウント作成後、クレジットカードや銀行口座を登録します。
  • 香典を受け付ける際には、送金を受ける相手にメールアドレスやPayPalのユーザー名を伝えます。
  • PayPalのウェブサイトやアプリを使って相手に送金することができます。
3.ペイペイ (PayPay): https://paypay.ne.jp/
  • ペイペイのアプリをスマートフォンにダウンロードし、アカウントを作成します。
  • アカウント作成後、アプリ内でクレジットカードや銀行口座を登録します。
  • 香典を受け付ける際には、送金を受ける相手に電話番号やPayPay IDを伝えます。
  • ペイペイのアプリ内で送金機能を使って相手に送金することができます。


使用例(サンプル)

㈱スマートシニアさんが2023年7月3日に投稿
ウェブサイト使用のメリットは、サイトの共有者のみに香典振込用の口座を共有できることです(限定公開設定要)



  1. 遺族送金先の銀行口座:こちらの方法(ビデオ)でLINE PAYより送金いただきます。 (もちろん直接振込も可能となります)

    ■ 口座名義人:ラインペイ太郎
    ■ 金融機関:XX銀行, 大崎支店
    ■ 口座種目:普通預金
    ■ 口座番号:0000000
  2. LINEの友達で既につながっている場合:こちらの方法(ビデオ)で送金いただけます。

※ 香典額は、特定の基準は設けておりません。お振り込みいただいた香典は、お花代として使用させていただきます。故人を偲び、故人のお好みに合わせた美しい花々を季節に合わせ手配いたします。