承継
この追悼サイトは、 髙木 純一さまのために作成されました。

享年65歳 、誕生日 1958年10月23日、命日 2023年12月8日
※ 髙木さんへのメッセージ投稿や、思いでの共有はサインインで可能になります。
このメッセージは、 2023年12月19日に、坂本清美さんが投稿
2023年12月8日(金)午前11時3分髙木純一は膵臓癌でこの世を去りました。

この年の春先に膵臓癌が発見されましたがその時にはすでにステージ4、残念ながら抗癌剤治療の効果はありませんでした。それでも本人は最後の最後のその瞬間まで、「絶対治す」と強い意志のもと闘病してきましたので、癌のことは皆様にお伝えしておらず、また短時間で急激に体調が崩れたこともあり、突然のお知らせとなりました。

自宅で最後を過ごす中で兄は、痛みなどの泣き言は一切言わず、死ぬギリギリまで自力でトイレに行き、家族に醜態を晒すことなく、見事にその人生を終えていきました。
あれほど苦しい癌と戦いながら、人としての尊厳を守り抜いた、立派な、強い男でした。

ここに兄の追悼サイトを設け皆様に兄の知ってる姿や知らない一面をみていただき兄を偲んでいただければと思います。
              妹 坂本清美

メッセージの投稿

 
メッセージ
このメッセージは、 2023年12月19日に、坂本清美さんが投稿
2023年12月8日(金)午前11時3分髙木純一は膵臓癌でこの世を去りました。

この年の春先に膵臓癌が発見されましたがその時にはすでにステージ4、残念ながら抗癌剤治療の効果はありませんでした。それでも本人は最後の最後のその瞬間まで、「絶対治す」と強い意志のもと闘病してきましたので、癌のことは皆様にお伝えしておらず、また短時間で急激に体調が崩れたこともあり、突然のお知らせとなりました。

自宅で最後を過ごす中で兄は、痛みなどの泣き言は一切言わず、死ぬギリギリまで自力でトイレに行き、家族に醜態を晒すことなく、見事にその人生を終えていきました。
あれほど苦しい癌と戦いながら、人としての尊厳を守り抜いた、立派な、強い男でした。

ここに兄の追悼サイトを設け皆様に兄の知ってる姿や知らない一面をみていただき兄を偲んでいただければと思います。
              妹 坂本清美
大切な方の思いで

最後のディズニーランド

プーさんのハニーハントは甥の知優が車椅子でも乗れるアトラクションを探してプライオリティパスをアレンジした。


最後のディズニーランド

甥の知優が卒論で忙しくなる前にどうしても一緒にディズニーランドに行きたいと必死に行った。まさに必死。この5日後に旅立つとは誰も思っていなかった。

リタイア時代

2年前の兄妹旅行に続きパート2。
奇しくも母の命日11月11日、京都「くいしんぼ」にて。
宝塚観劇の後、美味しい食事をして大満足。

想いで

四十九日

坂本清美さんが2024年1月25日に投稿
早いもので兄が旅立ってから今日で四十九日です。極楽浄土に到着し、両親に会えたでしょうか?

本来であれば納骨する日ですが、両親が眠る地、秩父は氷で閉ざされています。桜の咲く頃に納骨を予定しています。

去年の春は、原因不明の体調不良が続くなか、精密検査を受けに行く途中で一緒に桜を眺めました。診察を待つ間に見た帝京病院の大きなガラス窓の待合室からの美しい桜を来年は見れないなんて、そのとき一体誰が想像できたでしょうか?

年月を重ねると守りたいものや失いたくないものが増えてきました。
人の命は予想がつかなく、実に儚いものです。日々一日一日を大切に生きていきたいものです。

年賀状

HidekoAishah-Ghaniさんが2024年1月8日に投稿
兄がいなくなってから
クリスマスが過ぎ
お正月が過ぎ
いつも特になにをしたわけではないけれど
やっぱり常にいたところにいた人がいないのは寂しいものです

お正月といえば
東京宝塚公演の新年初日の1月3日
実家に帰省をしている私のためにいつも公演チケットをプレゼントしてくれました
2024年も1月3日は観劇に行ってねと言ってくれていたけれど
私にチケットを渡す前にいなくなってしまった兄です

兄に最初の勤務先の後輩、宝塚関係の友人より
年賀状が届きました

これから兄はもういないことをお知らせしますが
驚かれるでしょうね

・ご無沙汰しています、お会いしたいですね
・今年も観劇楽しみですね
・素敵な1年をお過ごしください

年賀状のメッセージにまた涙があふれます

兄が旅立ってから1ケ月が経ちました
今日は月命日です



奇跡の一日

HidekoAishah-Ghaniさんが2023年12月22日に投稿
兄が楽しみにしていた家族揃ってのディズニーランド

最新のアトラクション`美女と野獣`に乗るぞ~って張り切って出かけた12月3日(日)の朝
到着したディズニーリゾートのホテルロビーでディズニー40周年記念のオーナメントを背景に記念写真

開園から閉園まで丸一日
念願の美女と野獣に乗って、カントリーベアショーも見て、花火を眺め、閉園ぎりぎりでカリブの海賊にも乗って、もちろんパレードもすべて見て

見たい物、乗りたいものをすべて満喫した、まさに夢の国で過ごした「奇跡の一日」でした

最後の最後にディズニーのキャストからガーランドをもらい
「メリークリスマス」また「あけおめ」で待ってますね~と声をかけられ
「あけおめ」だって、若いね~もちろん来年も来ますよ!って
笑顔で話していたのが思いだされます。

そしてその日から5日後の12月8日(金)の朝
静かに眠るように兄は息をひきとりました

RIP