承継
この想いでサイトは、私たちの尊敬する経営者 本田 宗一郎(ホンダ創業者)さんを偲んで作成されました。

※このサイトで故人への弔意・思い出を自由に投稿することができます。
本名:本田宗一郎(ほんだ そういちろう )
墓地:富士霊園墓地(〒410-1308 静岡県駿東郡小山町大御神888ー2) 日本


本田 宗一郎(ほんだ そういちろう、(1906年明治39年)11月17日 - 1991年平成3年)8月5日)は、日本実業家技術者。輸送用機器メーカー本田技研工業(通称:ホンダ)の創業者。位階正三位

生い立ち[編集]

【『本田宗一郎 夢語録』 章構成】
●第一章:夢・情熱
『いやいやながら作り出すものに、世界の水準を超えるよい製品ができるわけがない』
『進歩を運命づけられた人間の辞典には、不可能という言葉はありえない』
『人を動かすことのできる人は、他人の気持ちになることができる人である』
『自分の得意な分野でつまづく人は、結局自分に裏切られているのである』
『資金の足りない分は、知恵と労力で補えばいい』
『本当に人間の能力を信じて任せれば、決して、烏合の衆には終わらない』
『言葉や文章には嘘があっても、製品には嘘がない』
『最後は人間だ。人間が変わらなければどうにもならない』
『企業に得意、不得意があってはならぬ』
『技術よりもまず第一に大事にしなければならないのは、人間の思想』
など...
●第二章:挑戦・反骨
『失敗を恐れて何もしないなんて人間は、最低なのである』
『既成の概念にとらわれることほど、人の考えを誤らせ道をとざすものはない』
『細心の注意をやると大胆さがなくなり、大胆さばかりを追うと粗暴になる』
『こやしにならぬ過去なら捨てた方がいい。それを捨てれば未来が考えられる』
『本当の合理化は設備投資をすることじゃない。石頭をきりかえることなのだ』
『流行とは、実に得体の知れぬものである』
『日本人はとかく、自分に理解できないものを否定しがちだ』
『若い時代の失敗は、将来の収穫を約束する種である』
『上の人の言うことなら、何でも従うようでは困る』
『貧乏すると、人間の本当の喜びや悲しみがわかる』
など...
●第三章:創造・発想
『よいアイデアに国境はない。よい商品に国境はない』
『発明、創意工夫なんてものは、ぎりぎりの線までいかないと出てこない』
『アイデアは誰でもいつでも、平等に分けることができる』
『独創性は新しいモノをつくることであり、模倣性は流行を生むこと』
『私は、世間で言う『悪い子』に期待している』
『人間というものは、どこか抜けたところがないと面白くない』
『はっきりと自分のことを、さらけ出したほうがいい』
『アンケートに頼っていては、発展がない』
『未知の世界の探求というものは、私は人生最大の楽しみのひとつだと思う』
『自由になりたいがために、モノを考え働いている』
など...
●第四章:信頼・社会貢献
『一番大事なのは約束を守ること。世の中に奉仕すること自体が信用である』
『人間が逆境に立ったとき、最も必要なのは反省である』
『信頼とは一日一日のその人の履歴、人となりだ』
『成功する人はいつでも金よりも先に、信用を押し出している』
『会社のために働くな。自分の生活をエンジョイするために働きにこい』
『真似をして楽をしたものは、その後に苦しむことになる』
『権力を持った者がどんなに真理を否定しても、真理は真理として残る』
『自由というものは半分以上が、非合理なものである』
『『果報は練って待て』よく反省して待つことが、われわれの課題』
『会社のなかでも部下に優秀な人間があれば、おれは頼りにするよ』       etc.

    pho_14.jpg
        本田宗一郎ものづくり伝承館   静岡県浜松市天竜区二俣町二俣1112
※注:このサイトは、本田宗一郎に関連した書きかけのものです。 内容について加筆・訂正などをしてくださる協力者を求めています  作成者拝
  

メッセージは宗一郎(ホンダ創業者)...さんへの想いを表すものです。 こちらに最初のメッセージを投稿してください。

メッセージの投稿