承継
この追悼サイトは、 有吉 佐和子(小説家・劇作家)さまのために作成されました。

享年53歳 、誕生日 1931年1月20日、命日 1984年8月30日
※ 有吉さんへのメッセージ投稿や、思いでの共有はサインインで可能になります。

有吉 佐和子(ありよし さわこ、1931年昭和6年)1月20日 - 1984年(昭和59年)8月30日)は、日本小説家劇作家演出家和歌山県和歌山市出身[1]。日本の歴史や古典芸能から現代の社会問題まで広いテーマをカバーし、読者を惹きこむ多くのベストセラー小説を発表した。カトリック教徒で、洗礼名はマリア=マグダレーナ。代表作は『紀ノ川』、『華岡青洲の妻』、『恍惚の人』など。娘にエッセイストの有吉玉青がいる。正確には「吉」の字は下が長い「(土吉)」なのだが、小説を書いていた頃には活字がなかった[2]

大学在学中から演劇評論家を志望し、雑誌『演劇界』嘱託となる。同人誌『白痴群』、第15次『新思潮』に参加。1956年に『地唄』が文學界新人賞候補、ついで芥川賞候補となり一躍文壇デビューを果たした[4]。翌年の1957年には『白い扇』が直木賞候補になっている。初期には主として日本の古典芸能を題材とした短編が多いが1959年、自らの家系をモデルとした長編『紀ノ川』で小説家としての地位を確立した。

1962年神彰(興行師。有吉との離婚後、居酒屋チェーン「北の家族」経営者となる)と結婚。長女として有吉玉青をもうけるが神の事業の失敗により1964年離婚した。1970年代に入ると代表作となる『恍惚の人』や『複合汚染』が大きな反響を呼び、いわゆる「社会派」的イメージが定着した。その流れの中で、第10期中央教育審議会委員に任命されたほか、参院選全国区に出馬した市川房枝の応援や、「四畳半襖の下張」裁判の弁護側証人として東京地裁で証言するなどの社会的活動も行った。

また有吉はしばしば国内外へ取材旅行に出かけ1959年から1960年にかけてロックフェラー財団の奨学金を得てニューヨーク州サラ・ローレンス大学に9か月間留学、1970年 - 1971年にはハワイ大学で半年間「江戸後期の戯曲文学」を講義している。特に中国との縁が深く(後述)、1961年には亀井勝一郎らと国交回復前の中華人民共和国を訪問し、以後たびたび招待された。1965年には天主教(中国におけるカトリックを指す)調査のため半年滞在し[5]1978年には『有吉佐和子の中国レポート』執筆のため人民公社に入っている。

この他1968年には友人の文化人類学者畑中幸子が調査中だったニューギニア山中の村を訪れて『女二人のニューギニア』という爆笑エッセイを書いた。しかし、帰国後にマラリアに罹った。

1972年中央教育審議会の委員に就任した[6]

1984年8月30日未明、急性心不全[7][注釈 1]のため東京都杉並区内の自宅で死去した。53歳没。東京都監察医務院行政解剖され、「病死」と断定され、警察も「自殺などの事件性はないと断定」した。祖父の眠る墓に入ったがただ一人キリスト教徒だったので、墓石の戒名のところに「マリア・マグダレナ」と洗礼名を刻むことになった[2]

有吉の死後、妙法寺東京都杉並区堀ノ内)に『有吉佐和子の碑』が建立され、命日の8月30日に『有吉忌』と題する追善法要が執り行われている[8]

主な作品[編集]ストーリーテラーとしての才能と旺盛な好奇心をもち、多分野に亘る長期間の綿密な取材に基づいた作品を次々に発表して、同世代の女性を中心とする多くの読者を獲得した。主な作品をテーマ別に大きく分類すると以下の通りになる。

出発点である古典芸能や花柳界を扱った作品『断弦』『香華』『連舞』『乱舞』『一の糸』『芝桜』『木瓜の花』歴史に題材を取った作品『助左衛門四代記』『華岡青洲の妻』『出雲の阿国』『真砂屋お峰』『和宮様御留』特に激動の近代を生き抜いた女性の一生をたゆまず流れる川のイメージにオーバーラップさせる一連の「川もの」『紀ノ川』『有田川』『日高川』『鬼怒川』現代の社会矛盾に鋭い目を向けた作品現代化にゆれる離島の生活を採り上げた『私は忘れない』や『海暗』、人種差別問題に深く切り込んだ『非色』などから、認知症老人とその介護を描いた恍惚の人』、化学合成物質が人体へ与える悪影響に警鐘を鳴らし複合汚染』を経て、『有吉佐和子の中国レポート』『日本の島々、昔と今。』のような後期ルポルタージュにつながる。現代人の人間関係の機微をテーマにした作品夫の死後に正妻、妾と小姑の三人が一つ屋根の下に暮らすことになって起こるドタバタを通して老いを見つめた『三婆』、不倫を楽しむ男性の破滅を描く『不信のとき』、社宅団地に住む「奥さま」たちの生活を喜劇的に描いた『夕陽カ丘三号館』、次々と人手に渡っていく青磁の壺の持ち主の人間模様をオムニバス形式で追う『青い壺』、27人の関係者へのインタビューという形式によって一女性の虚実を浮かび上がらせる『悪女について』、演劇界のどろどろした内情をミステリータッチに描いた『開幕ベルは華やかに』などがある。

有吉佐和子記念館のパンレットのpdfファイルへのリンク
庭の写真
展示室の写真
 和歌山市立 有吉佐和子記念館  和歌山県和歌山市伝法橋南ノ丁9番地 073-488-9880

※注:このサイトは、有吉佐和子に関連した書きかけのものです。 内容について加筆・訂正などをしてくださる協力者を求めています  作成者拝
このメッセージは、 2023年7月15日に、イーライフ宇崎勝さんが投稿
1970年代に「恍惚の人」で認知症問題を予見し、「複合汚染」で化学物質による複合的な汚染問題を提起した先見力は睥睨すべき作家である。
混沌とした現在にも生きて指針を著わし続けていただきたい大作家でした。 
                            合掌

メッセージの投稿

 
メッセージ
このメッセージは、 2023年7月15日に、イーライフ宇崎勝さんが投稿
1970年代に「恍惚の人」で認知症問題を予見し、「複合汚染」で化学物質による複合的な汚染問題を提起した先見力は睥睨すべき作家である。
混沌とした現在にも生きて指針を著わし続けていただきたい大作家でした。 
                            合掌
大切な方の思いで

(生い立ち)

父は有吉眞次。長州藩有吉熊次郎は曽祖父にあたる。

佐和子の母の有吉秋津は明治37年(1904年)に和歌山の庄屋の家に生まれ、旧姓は木本といい、父の木本主一郎は政治家だった[3]。たいそうな大女で結婚条件は自分より背が高いことだった。こうして横浜信用金庫に勤めていた180cmの有吉眞次に嫁ぎ、お手伝いを連れて上京した。(佐和子の身長は165cm)[2]

(小学校~就職まで)

横浜正金銀行勤務の父の赴任に伴い、佐和子は小学校時代を旧オランダ領東インドバタヴィアおよびスラバヤで過ごした。 1941年に帰国後、東京市立第四高女(現・都立竹台高校)から疎開先の和歌山高女(現・和歌山県立桐蔭高校)へ。その後、光塩高女を経て、府立第五高女(現・都立富士高校)卒業。東京女子大学英文学科に入学したが休学後1952年同短期大学部英語学科卒業。大蔵省外郭団体の職員を経て舞踊家吾妻徳穂の秘書となる。