承継
※このサイトでフランソワーズ ・サガンさんへの弔意・思い出を自由に投稿することができます。

本名Françoise Delphine Quoirez(Françoise Sagan)
墓地Seuzac Village Cemetery Cajarc, Departement du Lot, Midi-Pyrénées, France
英語の詳細


フランス小説家脚本家。本名はフランソワーズ・コワレ(Françoise Quoirez)。ペンネームは、マルセル・プルーストの小説『失われた時を求めて』の登場人物 「Princesse de Sagan」から取られた。

略歴[編集]ロット県フィジャック近郊カジャルクフランス語版)で生まれた。父親は大手電気会社アルカテル・ルーセントの前身(Compagnie Générale d'Électricité=CGE)の重役、母親は地主というブルジョワ家庭で動物に囲まれて育った。ニックネームは「キキ」(Kiki)だった。一家は第二次世界大戦の間(1939年-1945年)、初期はリヨン、それからドーフィネ地方ヴェルコール(fr)に疎開する[1]

戦後、家族はパリ17区マルゼルブ大通り(fr)167番地の自宅に戻った[2]。キキは学校生活に馴染めず、17区内の私立ルイーズ=ド=ベティニ校(Cours Louise-de-Bettignies)を3か月も経たずに退学になり8区の私立クヴァン・デ・ゾワゾー女子寄宿学校[注釈 1]に入れられ、さらにドーフィネ地方グルノーブル近郊のカトリック系学校3校で転校を繰り返した頃は「非常に良い子」で過ごした[3][4][5][6]。その後パリに戻ると8区の私立アトメール校(fr)在学中、2度目の受験でバカロレアに合格すると1952年秋からソルボンヌ大学に入学。しかし在籍中は無関心な学生で卒業はしなかったものの[7]この頃から処女作の『悲しみよこんにちは』を書き始めた[8]
サガンは「文学界のマドモワゼル・シャネル」とベルナール・フランク(fr ジャーナリスト)に呼ばれ、そのフランクや上述の親友フロランス・マルロー(映画助監督)ら同世代や、ソーシャライトでダンサーのジャック・シャゾット (fr 1928年-1993年)、歌手ジュリエット・グレコ (1927年-2020年) とその妹のシャルロット・エイヨー(Charlotte Aillaud[注釈 3])、あるいはイタリア人の興行師マッシモ・ガルジア(fr 1940年生まれ)らと親密につきあい、取り巻きに囲まれて過ごした。莫大な収入は服や宝石、原稿など周囲の者にとても寛大に買い与えては浪費し、息子ドニにろくに残さなかった。

アメリカで旅行を楽しみ、しばしばトルーマン・カポーティエヴァ・ガードナーと同道しており、1957年には自動車事故で重傷を負った。結婚は2度、相手はガイ・シェーラーおよびボブ・ウェストホフである(それぞれ1958-60年、1962-63年)。そして、どちらとも離婚した。パリ16区フォッシュ大通り(fr)界隈に居住し、一人息子は写真家のドニ・ウェストホフ(Denis Westhof、1963年 - )である。

若年期に成功しサン=ジェルマン=デ=プレ界隈で文学者ら名士と交遊した。人々はサガンを小説のキャラクターと混同し重ね合わせ、彼女はすぐに、裕福でのんき、カジュアルで性的に解放された世代の「女性版ジェームズ・ディーン」のような象徴になった。

2002年2月の脱税事件「エルフ事件」の影響もあって、多額の罰金や追徴課税を支払う羽目になり、パリ市内のユニヴェルシテ通りの家からオルセー河岸通りの小さめの部屋へ、さらにリール通り73番地へとパリ7区内を転々とした。また晩年は、ノルマンディ地方のカルヴァドス県リジュー郡エクモヴィルフランス語版)の別荘「ル・マノワール・デュ・ブルイユ」(Le Manoir du Breuil ヴィラないしパヴィヨン、広壮な別宅)にこもりきりで、オンフルールの病院で心臓疾患のため69歳で死去した。

2008年には、伝記映画『サガン -悲しみよ こんにちは-』がシルヴィー・テスチュー主演、ディアーヌ・キュリス監督で作られ、サガンになりきったテスチューはセザール賞主演女優賞候補となった。
主な著書[編集]小説[編集]
  • 悲しみよこんにちは』 Bonjour Tristesse (1954年)
  • 『ある微笑』Un certain sourire  (en)  (1956年)
    • 朝吹登水子訳 新潮社 1956年 のち文庫
  • 『一年ののち』Dans un mois, dans un an (1957年)
    • 朝吹登水子訳 新潮社 1958年 のち文庫
  • ブラームスはお好きAimez-vous Brahms ? (1959年)
    • 朝吹登水子訳 世界文学全集 新潮社、1960年 のち文庫
  • 『すばらしい雲』Les Merveilleux Nuages (1961年)
    • 朝吹登水子訳 新潮社 1962年 のち文庫
  • 『熱い恋』La Chamade  (en)  (1965年)
    • 朝吹登水子訳 新潮社 1967年 のち文庫
  • 『優しい関係』Le Garde du cœur  (fr)  (1968年)
    • 朝吹登水子訳 新潮社 1969年 のち文庫
  • 『冷たい水の中の小さな太陽』Un peu de soleil dans l'eau froide  (fr)  (1969年)
    • 朝吹登水子訳 新潮社 1970年 のち文庫
  • 『心の青あざ』Des Bleus à l'ame  (fr)  (1972年)
    • 朝吹登水子訳 新潮社 1973年 のち文庫
  • 『幸福を奇数に賭けて』 安堂信也訳 新潮文庫 1974年
  • 『失われた横顔』 朝吹登水子訳 新潮社 1975年 のち文庫
  • 『草の中のピアノ』 安堂信也訳 新潮文庫 1976年
  • 『時おりヴァイオリンが……』 安堂信也訳 新潮文庫 1976年
  • 『乱れたベッド』Le Lit défait (1977年)
    • 朝吹登水子訳 新潮社 1978年11月 のち文庫
  • 『愛は遠い明日』 朝吹登水子訳 新潮社 1982年4月 のち文庫
  • 『ボルジア家の黄金の血』- Le Sang doré des Borgia (1977年)
  • 厚化粧の女La Femme fardée  (fr)  (1981年)
  • 『愛の中のひとり』 朝吹登水子訳 新潮社 1986年7月 のち文庫
  • 夏に抱かれて』 朝吹由紀子訳 新潮社 1988年8月 のち文庫
  • 『愛は束縛』 河野万里子訳 新潮社 1991年9月 のち文庫
  • 『水彩画のような血』 朝吹由紀子訳 新潮社 1991年3月 のち文庫
  • 『愛をさがして』 朝吹由紀子訳 新潮社 1997年6月
  • 『逃げ道』 河野万里子訳 新潮社 1997年10月 のち文庫           etc.
主な映画化作品[編集] さよならをもう一度
              映画「さよならをもう一度」より
19)サン=サーンスの墓、セザール・フランクの墓 ... フランソワーズ・サガンのお墓
  • ※注:このサイトは、フランソワーズ・サガンに関連した書きかけのものです。 内容について加筆・訂正などをしてくださる協力者を求めています  作成者拝
このメッセージは、 2023年3月10日に、イーライフ株式会社宇崎勝(イーライフ)さんが投稿
(栄光と失意・・)
薬物やアルコールに溺れただけでなく、生涯を通じ過度の浪費癖やギャンブル癖で、数百億円も稼いだのに晩年は生活に困窮した。
自伝小説「悲しみよ こんにちは」を読んでサガンを偲びませんか

メッセージの投稿

 
メッセージ
このメッセージは、 2023年3月10日に、イーライフ株式会社宇崎勝(イーライフ)さんが投稿
(栄光と失意・・)
薬物やアルコールに溺れただけでなく、生涯を通じ過度の浪費癖やギャンブル癖で、数百億円も稼いだのに晩年は生活に困窮した。
自伝小説「悲しみよ こんにちは」を読んでサガンを偲びませんか
大切な方の思いで

人生観

自由奔放なライフスタイルで、人生の哲学者でもありました。

  • 『お金は今の社会では防衛手段であり、自由になれる手段です』
  • 『お金は持っている側だけでなく、持っていない人たちをも支配してしまいます』
  • 『自由になれるのはお金次第です』
  • 『わたしが大嫌いなものはお金で買うことのできるものではなく、お金によって作られる人間関係やお金が大部分のフランス人に課している生活態度なのです』
  • 『わたしは人の持つ安心感や人を落ち着かせるものが大嫌いです。精神的にも肉体的にでも、過剰なものがあると休まるのです』
  • 『わたしは孤独が好きです、でも他人には愛を感じていますし、好きな人にはとても興味を持っています。ですから、人生の小さなドラマに対して、自分を嘲弄して、ユーモアをたっぷり持つことが必要だと思うのです。それでユーモアを持つための第一段階は自分自身を嘲笑うことだと思います』
想いで

人を信用しないより、自分が騙されたほうがいい

㈱スマートシニアさんが2023年3月10日に投稿
この言葉を実践したのが彼女でしょう!

「幸福であるために」そうした経験を「ま、仕方ない」と軽く受け流し、そこから学んでズルくなることも、傷ついて恨むこともないこと。

恋愛についても、
 「人は恋愛においてもふつうの人生においても所有したがりますが、これは恐ろしいことです。他人の幸福を忘れてしまうのですから」

 「所有欲、独占欲は恋愛にもれなくついてくるものですが、やはり相手の幸せを願うならこの所有欲をコントロールすべく努力しなければならない感情でしょう」...恵まれた人生で、所有するということを極めた人の言葉です