承継
この追悼サイトは、 清水 みのる(作詞家)さまのために作成されました。

享年76歳 、誕生日 1903年9月11日、命日 1979年12月10日
※ 清水さんへのメッセージ投稿や、思いでの共有はサインインで可能になります。

清水 みのる(しみず みのる、本名:清水 實、1903年明治36年)9月11日 - 1979年昭和54年)12月10日)は、日本作詞家。主に昭和初期から中期にかけて活躍した。静岡県浜名郡伊佐見村(現在は浜松市西区伊左地町)生まれ。旧制浜松中学(現・浜松北高校)、立教大学英文科卒。

少年期は水泳に熱中。大学在学中に詩人の佐藤惣之助に師事。卒業後の1931年(昭和6年)、日本ポリドール蓄音機商会に入社、社員として働きながら作詞家への道を歩みだし、1939年(昭和14年)には田端義夫のデビュー曲の作詞を手がける。同年、陸軍に入隊し出征。

戦後はテイチクレコード会社に入社し、作曲家倉若晴生、歌手の田端義夫バタヤン)とのトリオで、『かえり船』、『かよい船等の数々のヒット曲を世に送り出した。他に『の流れに』『月がとっても青いから』『雪の渡り鳥』などの作詞を手がけた。母校・立教大学の第三応援歌「若き眉」の作詞も手がけている。

母校の浜松市立伊佐見小学校には功績を記念した「清水みのるの部屋」[1]が平成元年に開設されている。

また、浜松市西区伊左地町では『森の水車』(作詞 清水みのる / 作曲 米山正夫 / 歌 高峰秀子)を記念し、昭和61年に「伊佐地緑地公園」内に水車を設置、通称「森の水車公園」と呼ばれ親しまれている[2]

賞詞主な作品
  • 『島の船唄』(昭和14年5月)[倉若晴生作曲、歌:田端義夫
  • 『出船の唄』(昭和14年8月)[倉若晴生作曲、歌:北廉太郎
  • 『旅のつばくろ』(昭和14年9月)[倉若晴生作曲、歌:小林千代子
  • 『別れ船』(昭和15年6月)[倉若晴生作曲、歌:田端義夫]
  • 『森の水車』(昭和16年8月)[米山正夫作曲、歌:高峰秀子
  • 『マレーの虎』(昭和17年6月)[飯田景応作曲、歌:上原敏
  • 『かえり船』(昭和21年11月)[倉若晴生作曲、歌:田端義夫]
  • 星の流れに』(昭和22年12月)[利根一郎作曲、歌:菊池章子
  • 『母紅梅の唄』(昭和24年1月)[利根一郎作曲、歌:菊池章子]
  • 『かよい船』(昭和24年6月)[倉若晴生作曲、歌:田端義夫]
  • 『憧れの住む町』(昭和25年6月)[平川浪滝作曲、歌:菅原都々子
  • 『ふるさとの燈台』(昭和28年7月)[長津義司作曲、歌:田端義夫]
  • 月がとっても青いから』(昭和30年5月)[陸奥明作曲、歌:菅原都々子]
  • 『雪の渡り鳥』(昭和32年11月)[陸奥明作曲、歌:三波春夫
  • 『想い出』(昭和31年8月)[寺部頼幸作曲、歌:石原裕次郎]
               1.御前崎灯台 魚が旨い店「磯亭」』御前崎(静岡県)の旅行記 ...
      灯台百年記念詩碑  静岡県御前崎市御前崎  0548-63-2001
 作詞家清水みのる先生が御前崎灯台に詩情を燃やし詠った傑作が、灯台百年祭を機に
          名作を永久に伝えるため建立した碑。

                                 かえり船 歌碑
         かえり船の歌碑  佐世保市針尾北町の浦頭引揚記念平和公園に建立


ふるさとの燈台 歌碑

                                              月がとっても青いから 歌碑
  月がとっても青いから歌碑    神奈川県相模原市中央区中央3-13-15  相模原市民会館前

                              月がとっても青いから 歌碑
     月がとっても青いから歌碑  青森県十和田市西三番町1-42 駒っこ広場

※注:このサイトは、清水みのるに関連した書きかけのものです。 内容について加筆・訂正などをしてくださる協力者を求めています  作成者拝

このメッセージは、 2023年7月29日に、イーライフ宇崎勝さんが投稿
引揚者の心情を詠った田端義夫の大ヒット曲「かえり船」の作詞家としてあまりにも有名な清水みのるさんの数々の名作は、いつまでも歌い継がれることでしょう。  格調の高い詞に感動して日本各地に歌碑が建立されています。 合掌

メッセージの投稿

 
メッセージ
このメッセージは、 2023年7月29日に、イーライフ宇崎勝さんが投稿
引揚者の心情を詠った田端義夫の大ヒット曲「かえり船」の作詞家としてあまりにも有名な清水みのるさんの数々の名作は、いつまでも歌い継がれることでしょう。  格調の高い詞に感動して日本各地に歌碑が建立されています。 合掌
大切な方の思いで

(清水みのる・・とは)

浜松出身の作詞家。「星の流れに」「月がとっても青いから」「かえり船」「森の水車」「わが浜名湖」などの作品がある。
みのるの父は中学校のときに、母は大学を卒業した翌年に亡くなっており、その想いを「わが浜名湖」のなかで父を“おとうさんのひげ”、母を“母と花すすき”などと詠っている。
老人ホームなど、厚生福祉施設への奉仕活動にも取り組んでいる。

(生涯)

1903(明治36)年9月11日に浜名郡伊佐見村(現:西区伊左地町)で生まれた。立教大学卒業後、サトウハチローを作詩の先輩として師事。
その後、多くの作詩を手掛けており、1969(昭和44)年には吉永小百合の「ふるさとのおもちゃの唄」では日本作詞家大賞・特別賞を受賞。日本作詞家協会功労賞や、さらに1971(昭和46)年には紫綬褒章(しじゅほうしょう)をも受賞している。
1979(昭和54)年12月10日、76歳で他界。

(詩碑)

『文学の丘に立つ』北区引佐町 細江公園内
 「展望の中に 光と緑がある そよ風と さざなみがある」

『森の水車』西区伊左地町 伊佐見緑地
 「緑の森の彼方から 陽気な唄が聞こえます
  あれは水車のまわる音 耳をすましてお聞きなさい
  コトコト コットン コトコト コットン
  ファミレドシドレミファ
  コトコト コットン コトコト コットン
  仕事にはげみましょう
  コトコト コットン コトコト コットン
  いつの日か 楽しい春がやって来る」