承継
にじこの追悼サイトは、 本田 美奈子(歌手・女優)さまを承継するために作成されました。
享年38歳 、誕生日 1967年7月31日、命日 2005年11月6日



本田美奈子は、日本の人気歌手、女優、声楽家でした。アーティスト名の本田美奈子として知られる彼女の本名は、工藤美奈子で、1967年7月31日に東京都葛飾区柴又で生まれです。彼女のキャリアは、1985年4月20日にシングル『殺意のバカンス』でデビューしました。1988年には、"MINAKO with WILD CATS"という女性ロックバンドを結成するなど、ソロ活動以外の音楽の世界においても新しいジャンルに挑戦し、独自の世界を切り開いてきました。1992年には、『ミス・サイゴン』の主役キム役のオーディションに合格し、ミュージカル女優としての活動が話題となりました。

詳細なプロフィールや活動内容については、以下のリンクから確認できます:

※ 本田さんへのメッセージ投稿や、想いでの共有はサインイン(記帳)で可能になります。
「本田美奈子.ミュージアム」本田美奈子.さんの活躍・想いを後世に伝えるミュージアム 
本田美奈子・ミュージアム: 埼玉県朝霞市膝折町4-12-37  電話:048-458-3927

【詳細プロフィール】 
※「軌跡」や「想いで」タブで経歴・人生史・エピソードも紹介

本田 美奈子.(ほんだ みなこ、1967年7月31日 - 2005年11月6日)は、日本歌手女優声楽家

本名、工藤 美奈子(くどう みなこ)。血液型O型1985年、シングル「殺意のバカンス」で歌手としてデビュー。1980年代はアイドル歌手として、1990年代以降は主にミュージカルで活動した。2000年代に入ってからはクラシックとのクロスオーバーに挑戦するなお、姓名判断により名前の後に「.」をつけ改名したのは2004年11月からである[3][註 1]

法名は、長らく『釋 優聲(しゃく ゆうしょう)』であったが、納骨されている寺の住職の厚意によって2011年に院号が追贈され、現在は『澄光院(ちょうこういん) 釋 優聲』となっている。

歌唱技術あどけない顔立ちと華奢な体からは想像できないような実力の持ち主であった[1]。デビュー当初から歌のうまいアイドルとして評価されており、森川美穂中森明菜同様、アイドル界1の歌唱力があったと言われる。

本田は新たな活躍の場に挑むごとに音域や唱法のバラエティーを広げてきた。声楽曲を歌うことになった経緯については自身「ミュージカルでいろんな役をこなしているうちにそれまで出せなかったような声を出せるようになった」と説明していた。

ミス・サイゴン』でキム役をダブルキャストで務めた入絵加奈子は当時本田が「裏声は得意じゃない」と話していたと証言している[19]。しかし屋根の上のヴァイオリン弾き』のホーデル役はクラシックの声楽のような発声による裏声を求められる難しい役で、『王様と』のタプチム役ではさらに高い音域を歌うことを要求されたが、トレーニングを積んでこれをこなした。同時期に制作されたアルバム『晴れ ときどき くもり』にはファルセットを多用した楽曲も目立ち、「Lullaby〜優しく抱かせて」の間奏ではオペラ的発声による高音域のスキャットを披露している。

本田は音楽学校などで声楽を学んだ経験はないが、ミュージカルに出演するようになってからは山口琇也や岡崎亮子のレッスンを受けた。特にオペラへの出演経験もある岡崎の指導はクラシカル・クロスオーバーへの進出に大きな影響のあったものと思われる。岡崎は最初に会った時本田のあまりに華奢な体つきに不安になったが、背中をさわってみるとしっかりとした筋肉がついていたので大丈夫だと確信したという[4]1994年発表の「つばさ」には後半に10小節にわたって声を伸ばすロングトーンがあるが、この伸びやかな声を支えていたのはその強靭な背筋だった。
 本田美奈子.さん17回忌 母が初めて明かす坂本冬美との35年間続く ...の画像 歌姫・本田美奈子.さんの名曲誕生秘話を秋元康が語る! | RBB TODAYの画像 本田美奈子を襲った白血病…死の直前「痛くて痛くて息もでき ...の画像

音域は最終的には3オクターブに達していた。これは例えば通奏低音パートも含めて一人で歌った「パッヘルベルのカノン」(アルバム『』所収)に遺憾なく発揮されている。しかも本田はその広い音域を均質な響きで発することができた。『レ・ミゼラブル』での共演以来公私ともに親しくしていた森公美子は、普通の歌手には存在する“チェンジ”と呼ばれる地声と裏声が切り換わるポイントが彼女の場合にはどこにあるかわからないと指摘している。

演奏家には何度演奏しても同じように演奏するタイプと、その場の感興に応じて表情を変化させていくタイプがあるが、本田は典型的な後者のタイプだった。一連のクラシックアルバムで編曲を務めた井上鑑は「彼女の場合はまわりが変わると、その変化を反映していくような感性を持っている」と評し、プロデューサーの岡野博行は「毎回歌うたびに、表情もすごく変わる」、「その歌の世界を生き、自分に起きてくる感情をすごく大切にして歌っていた」と語った[4]。本田自身はミュージカルのロングランでもテンションが落ちない理由について「何百回やっても毎回違うからちっとも飽きない」と語っていた[20]

今も愛される歌声本田は入院中、他の入院患者とのふれ合いやファンや仕事仲間からの応援メッセージによって励まされていた。そして自らが病気を克服し再び元気な姿でステージに立つことが同じように難病に苦しむ人の希望になると考え、亡くなる半月ほど前の10月19日に難病患者を支援するための活動として“LIVE FOR LIFE”を立ち上げた。彼女の遺志は遺族や友人、関係者によって受け継がれ、現在はNPO法人として運営されている。この“LIVE FOR LIFE”の協賛により本田の追悼イベントが各地で開催されている。

出演舞台(ミュージカル)
  1. ミス・サイゴン (東宝帝国劇場、1992年 - 1993年) - キム 役
  2. 屋根の上のバイオリン弾き (1994年、1998年) - ホーデル 役
  3. 王様と私 青山劇場・帝国劇場)(1996年、1999年、2000年、2002年) - タプチム 役
  4. レ・ミゼラブル (東宝・帝国劇場、劇場・飛天中日劇場、1997年 - 2001年) - エポニーヌ 役 [註 16]
  5. ひめゆり (ミュージカル座、2002年、2004年) - キミ 役 [註 17]
  6. 十二夜 (帝国劇場、2003年) - ねこ 役
  7. クラウディア日生劇場・大阪フェスティバルホール他、2004年) - クラウディア 役 [註 18]
映画Vシネマ
  • ダンディーとわたし(1991年)
  • 実録日本ヤクザ抗争史 鯨道4 残侠譜 完結編(2001年)
テレビドラマ連続ドラマ

         本田美奈子碑: Walkerひで物見遊山記 本田美奈子歌碑 埼玉県朝霞市本町2丁目13 

image.png                      ※注:このサイトは、本田美奈子に関連した書きかけのものです。 内容について加筆・訂正などをしてくださる協力者を求めています  作成者拝

このメッセージは、 2023年9月22日に、樺澤潤さんが投稿
本田美奈子さんの大ファンだから美奈子って呼び捨てにしますが、、
本当に大好きだった!一番最初に恋心を抱いたアイドルだった。
10年以上前に、本田美奈子さんの社長に偶然会った時に「俺の中で今でも美奈子は永遠のアイドルで輝いてます!」って伝えたら泣いて喜んでくれました。

本当に大好きなアイドルでした。
このメッセージは、 2023年7月11日に、墓マイラー趣味クラブさんが投稿
本田さんの生き方は素晴らしいですね。...AIを使用してまとめてもらいました。 本田さんが生きていたら...メッセージをAIが作成してくれました。⇒「想いで」タブ
このメッセージは、 2023年6月30日に、イーライフ宇崎勝さんが投稿
そんな本田さんについて、亡くなる3か月ほど前のことだが、こんなことが有りました。
一時退院の前日、病室を出てナースステーションの前までくると、痩せ細った体に力を込めて背筋を伸ばし、突然アカペラで歌い始める。 彼女が披露したのは「アメイジング・グレイス」だった。 居合わせたナースやドクターたちは驚き
あるいは号泣し、顔を真っ赤にして涙を堪えながら彼女の「最期の歌声」に心を傾けた。  彼女自身も涙を浮かべ歌い上げたこの3分30秒は、結果として最後の輝きになってしまった。   合掌
このメッセージは、 2023年6月30日に、イーライフ宇崎勝さんが投稿
華奢な体から想像もつかないような声量、澄んだ歌声で多くの人々を惹きつけた実力派の歌手である。 
2005年1月、急性骨髄性白血病にて闘病の甲斐なく38歳の若さで帰らぬ人となった。 人気絶頂の時であり多くのファンの記憶に残り続けています。

メッセージの投稿

 
メッセージ
このメッセージは、 2023年9月22日に、樺澤潤さんが投稿
本田美奈子さんの大ファンだから美奈子って呼び捨てにしますが、、
本当に大好きだった!一番最初に恋心を抱いたアイドルだった。
10年以上前に、本田美奈子さんの社長に偶然会った時に「俺の中で今でも美奈子は永遠のアイドルで輝いてます!」って伝えたら泣いて喜んでくれました。

本当に大好きなアイドルでした。
このメッセージは、 2023年7月11日に、墓マイラー趣味クラブさんが投稿
本田さんの生き方は素晴らしいですね。...AIを使用してまとめてもらいました。 本田さんが生きていたら...メッセージをAIが作成してくれました。⇒「想いで」タブ
このメッセージは、 2023年6月30日に、イーライフ宇崎勝さんが投稿
そんな本田さんについて、亡くなる3か月ほど前のことだが、こんなことが有りました。
一時退院の前日、病室を出てナースステーションの前までくると、痩せ細った体に力を込めて背筋を伸ばし、突然アカペラで歌い始める。 彼女が披露したのは「アメイジング・グレイス」だった。 居合わせたナースやドクターたちは驚き
あるいは号泣し、顔を真っ赤にして涙を堪えながら彼女の「最期の歌声」に心を傾けた。  彼女自身も涙を浮かべ歌い上げたこの3分30秒は、結果として最後の輝きになってしまった。   合掌
軌跡

生い立ち

  • 生涯アイドル歌手としてデビュー1967年(昭和42年)7月31日午前11時17分、東京都板橋区上赤塚町(現:成増)の成増産院にて、体重2860gで生まれ、ラジオの全国放送のその日生まれた新生児を紹介するコーナーで取り上げられる[4]。家族は東京都葛飾区柴又に在住していたが、幼いうちに埼玉県朝霞市に移住し、朝霞白百合幼稚園に入園した。以来、生涯の大半を朝霞市で過ごした。
  • 歌手になることを夢見ていた母親の影響で、美奈子も幼い頃からいつも歌を歌っていた。朝霞市立朝霞第六小学校の卒業文集にも「女優か歌手になれたらイイ」と書いていた。朝霞市立朝霞第一中学校3年生の時に『スター誕生!』のオーディションを受けた。14歳で出場したテレビ予選では柏原芳恵の「ハロー・グッバイ」を歌い、合格して決戦大会へ進出した。この時の出場者の5人の中には松本明子徳永英明がおり、3人とも決戦大会へ進んでいる。15歳を迎えて出場した決戦大会では松田聖子の「ブルーエンジェル」を歌った。しかし、プロダクションは1社も獲得意思を示さず落選となった[註 2]
  • 高校2年生の1984年(昭和59年)9月に第8回長崎歌謡祭に本名で出場し、「夢少女」(作詞:深田尚美、作曲:安格斯)という楽曲を歌ってグランプリを受賞[1]。このことがレコードデビューのきっかけとなった。

キャリア


闘病

  • 死去2004年(平成16年)末頃から風邪に似た症状や微熱が続いた[5]。そんな中11月には地元・朝霞市でのコンサートや、12月23日には新宿文化センター大ホールでのクリスマスコンサート、暮れには結果的に生前最後のTV出演歌唱となった翌2005年1月30日テレビ朝日系放送の「題名のない音楽会21」の収録に臨んだ。 
  • 2005年(平成17年)1月12日急性骨髄性白血病と診断を受けて緊急入院し、翌日にはその事実が公表された[5]。 その後、2度に亘る化学療法を受けるが、寛解は得られなかった[5]急性骨髄性白血病の中でも極めてまれな予後不良の治療抵抗性の白血病であったという。治療として骨髄移植が考慮されたものの、骨髄バンクドナーが見つかるまでの猶予すらない病状であったことから、同年5月臍帯血移植を受けた[5]。同7月末には一時退院したが病気の再発が認められ、同年9月8日に再入院し、輸入新薬による抗癌剤治療を受けた[5]。翌月には再度一時退院、その間には白血病患者支援のためのNPO法人『Live for Life』が設立されたが、同月末には再入院となった[5]
  • その後への合併症から容態が急変し、同年11月6日午前4時38分、東京都文京区順天堂大学医学部附属順天堂医院で家族に看取られながら息を引き取った[2]。38歳没[1]
報告

本田美奈子さんがもし今生きていたとしたら....

墓マイラー趣味クラブさんが2023年7月11日に投稿
本田美奈子さんがもし今生きていたとしたら、彼女が伝えると考えられるメッセージは、以下が考えられます:(AIの回答)


  • 可能性は無限大:彼女はアイドル、ロック歌手、ミュージカル女優など、多岐にわたるジャンルで活動しました[1%5E][2%5E][3%5E]。その活動からは、どんなジャンルにも挑戦する勇気と、その可能性は無限大であることを伝えていると感じます。
  • 音楽を通じた感謝:本田さんは、病を抱えながらも「アメイジング・グレイス」を歌い、それをファンと共有しました。これは彼女が音楽を通じて感謝の気持ちを伝えたかったからではないかと思われます。
  • 正面から困難に立ち向かう強さ:彼女は自身の病気を公にし、闘病生活を公開することで、多くの人々に勇気と希望を与えました。この強さと勇敢さは今でも多くの人にとって励みとなっています。

数々のエピソード

墓マイラー趣味クラブさんが2023年7月11日に投稿
  1. アメリカ視察の旅:本田さんがアメリカへ行ったとき、彼女は現地のアイドルグループ New Kids on the Block のコンサートに参加したため、「公式には視察のため」と言っていましたが、実際は大ファンだったというエピソードがあります。
  2. 洋楽愛:ボーイジョージなどの洋楽に夢中になり、その影響で英語の発音が非常に上手だったと言われています。実際、本田さんの英語の歌唱力は、その発音の正確さと表現力から非常に評価が高かったです。
  3. 『ミス・サイゴン』オーディション:当初は『ミス・サイゴン』のオーディションで落選した本田さんでしたが、その才能を見込んだプロデューサーの再オーディションの強い要望で出演が決定しました。そのリハーサル中、同演出家が「本田を使わなかったことは人生最大の失敗だったかもしれない」と述べるほどの存在感を示したというエピソードがあります。
これらのエピソードは、本田美奈子さんの楽しく、時には挑戦的な性格を魅力的に描いています。