承継
日本のスキージャンプ界を代表するレジェンド、心よりご冥福をお祈り申し上げます。

  • 笠谷さんは、1972年札幌オリンピックで金メダルを獲得し、日本のスキージャンプ界に新たな時代を築き上げた偉大な選手でした。
  • その後の指導者としての活動でも、多くのジャンパーを育成し、日本のスキージャンプ界の発展に大きく貢献されました。
  • 笠谷さんの功績は、日本のスキージャンプ史に永遠に刻まれるでしょう。
0018616_320x290_7a982a.jpg

スキージャンプ界のレジェンド、笠谷幸生さん!金メダルに輝いた栄光の軌跡

  • 1943年8月17日、北海道余市郡大江村(現余市町)生まれ
  • 1972年、札幌オリンピックで金メダルを獲得
  • 1972年、全日本選手権優勝
  • 1973年、HAKUBAジャンプ週間優勝
  • 1974年、ラハティスキーゲームズ優勝
  • 1976年、インスブルックオリンピック団体銅メダル
  • 1998年、長野オリンピックスキージャンプ競技総合プロデューサー
このメッセージは、 2024年5月25日に、山崎山崎石材:管理者さんが投稿
阿部さん、本当にそう思っております。よろしくお願いいたします。
このメッセージは、 2024年5月11日に、雅司阿部さんが投稿
デジタルお墓はすごく良いと思います!
ぜひ多くの皆さんに見てもらいたいし、笠谷さんの事を忘れないでほしいと思っているので遺族の皆さんにもお見せしたいと思いますが良いでしょうか?

メッセージの投稿

 
メッセージ
このメッセージは、 2024年5月25日に、山崎山崎石材:管理者さんが投稿
阿部さん、本当にそう思っております。よろしくお願いいたします。
このメッセージは、 2024年5月11日に、雅司阿部さんが投稿
デジタルお墓はすごく良いと思います!
ぜひ多くの皆さんに見てもらいたいし、笠谷さんの事を忘れないでほしいと思っているので遺族の皆さんにもお見せしたいと思いますが良いでしょうか?
軌跡

「永遠のジャンプ小僧」笠谷幸生さんは何を思いどう考えたか

「永遠のジャンプ小僧」笠谷幸生さんは何を思いどう考えたか


飛躍中にかっと開けた口にも意味があった。そうすることで体を一本の硬い棒のようにして空気を切り裂くようなイメージにしたという。  「空中では口を開けたんだ。空気に挟まるためには体のバランスが必要で、脇の下から筋肉を締めて腹筋を体側から前面まできちんと固める。がっちがちにする。それには口を開けてあごを引かないと駄目だから。踏み切ったときは体にやわらかさがないと空気に挟まらないけど、挟まるとがっちり体を固めたんだ」

上記リンク先 共同通信=三木寛史文氏 取材分より引用

スポーツキャリア

  1. 笠谷幸生さんは1972年の札幌冬季オリンピックのスキージャンプ70メートル級で金メダルを獲得し、日本人初の冬季オリンピック金メダリストになりました。
  2. 彼の功績は「日の丸飛行隊」として広く知られています。その後も、ニッカウヰスキーでの勤務を経て、スキージャンプのコーチや国際審判員として活躍しました。
※ 笠谷幸生さんの1972年札幌オリンピックでの金メダル獲得にまつわる面白いエピソードがあります。彼が金メダルを獲得した際、そのメダルが一時期盗難されたという騒動があったことです。幸いなことに、このメダルは見つかりましたが、その後は日本の人口3,000人の小さな町の金庫に保管されているという珍しい経緯があります (Bunshun記事)。

葛藤と飛躍、そして指導者への道

幼少期からジャンプを始め、兄・昌生さん同様に才能を開花させた幸生さん。しかし、プレッシャーや葛藤に苦しんだ時期もありました。

そんな中、1972年、悲願の札幌オリンピックでついに金メダルを獲得。自国開催という重圧を乗り越え、見事な飛躍を見せました。

現役引退後は指導者に転身し、多くのジャンパーを育成。1998年の長野オリンピックではスキージャンプ競技総合プロデューサーを務め、日本のスキージャンプ界の発展に大きく貢献しました。

報告

笠谷幸生氏は、何故にこれほど愛されたのか?

山崎山崎石材:管理者さんが2024年5月29日に投稿
笠谷幸生氏、北海道新聞続報

笠谷幸生氏は、何故にこれほど愛されたのか?
笠谷さんから人の悪口を聞いたことは一度もなかった。私が水を向けても、それは、俺は、分からん、と相手にしなかった。
昔、ジャンプ界の先輩、後輩がタバコの吸い殻を雪の上に捨て撒くっていた頃、笠谷さんはそっと近づき、これ使えと携帯灰皿を手渡した。誰が見ているか分からないからな、、
それ以来、ジャンプ場は見違えるように綺麗になった。
原田雅彦君がいう、私が途方に暮れた時、笠谷さんに救われたというのを私は知っている。原田君は1983年世界チャンピオン、1994年リレハンメル五輪団体戦で墜落し、日本は限りなく金に近い銀メダル獲得!
1985年、カナダ、サンダーベイ世界選手権。
前回大会優勝者は無条件で出場できるのだが、原田君は優勝者から20m遅れで失格。岡部、斎藤君がワンツーフィニッシュで大喜びする脇を、原田君は一人で山を降りた。バスに乗ろうと曲がった瞬間、そこに笠谷さんが待っていたのだ。
今日の岡部、斎藤の金、銀は、君が前回金を取ってくれたから繋がったんだ!
胸張って帰ろよ!
この一言が原田君を長野五輪に導いたのだ。
笠谷幸生さんは、愛を持って、どれだけ多くの後輩を育てたのだろうか!
笠谷幸生は、永遠である!
上記文 笠谷幸生さんお別れの会「天上への離陸を見守る会」実行委員代表:伊藤龍治氏
生涯「笠谷幸生のワックスマン」
   


笠谷幸生氏の天上への離陸を見守る会

山崎山崎石材:管理者さんが2024年5月25日に投稿
この景色は、札幌オリンピックで金メダルを獲得した笠谷幸生さんが札幌の街を目掛けて何度も飛んだ場所です。
本日は、子供たちの永遠のヒーローである故 笠谷幸生氏の天上への離陸を見守る会でした。この写真を追悼サイトに掲載いたします。
This view captures the location where Yukio Kasaya, the gold medalist of the Sapporo Olympics and the eternal hero of children, made numerous jumps toward the city of Sapporo. Today, we gathered to honor and watch over the final departure of Yukio Kasaya to the heavens. This photo will be uploaded to his memorial site.

追悼の言葉

墓マイラー趣味クラブさんが2024年4月28日に投稿
笠谷幸生さん、あなたの飛躍は私たちに勇気と希望を与えました。

1972年の札幌オリンピックでの金メダルは、日本中に歓喜をもたらし、多くの若者に夢と目標を示しました。その後も、コーチとして次世代の選手たちを導く姿は、ただのアスリートではなく、真のメンターであったことを物語っています。

あなたの遺した足跡は、今後も多くの人々にとって灯台のような存在です。永遠に忘れられない偉大な飛び手、心からの感謝と共に、安らかにお眠りください。