承継
この追悼サイトは、 アルフレッド・ ヒッチコック(サスペンスの巨匠)さまのために作成されました。

享年80歳 、誕生日 1899年8月13日、命日 1980年4月29日
※ アルフレッド・さんへのメッセージ投稿や、思いでの共有はサインインで可能になります。

サー・アルフレッド・ジョゼフ・ヒッチコック: Sir Alfred Joseph Hitchcock, KBE1899年8月13日 - 1980年4月29日)は、イギリスの映画製作者である。映画史上最も影響力のある映画監督のひとりと見なされており[1]、イギリスとアメリカ合衆国での60年にわたるキャリアの中で50本以上の長編映画を監督した。ほとんどの作品がサスペンス映画スリラー映画であり、革新的な映画技法や独自の作風を使用し、「サスペンスの巨匠」[2]や「スリラーの神様」と呼ばれた[3][4]。ほとんどの監督作品に小さな役でカメオ出演したことや、テレビ番組『ヒッチコック劇場』(1955年 - 1965年)のホスト役を務めたことでも広く知られている。

ヒッチコックは当初、電信ケーブル会社で技術者や広告デザイナーとして働き、1919年サイレント映画の字幕デザイナーとして映画業界入りし、美術監督や助監督などを経て、1925年に『快楽の園英語版)』で監督デビューした。最初の成功した映画『下宿人』(1927年)で初めてサスペンス映画を手がけ、『恐喝』(1929年)からトーキーに移行した。1930年代は『暗殺者の家』(1934年)、『三十九夜』(1935年)、『バルカン超特急』(1938年)などで高い成功を収め、1939年には映画プロデューサーのデヴィッド・O・セルズニックと契約を結んで渡米し、その1本目となる『レベッカ』(1940年)はアカデミー賞作品賞に選ばれた。1940年代はセルズニックや他社で『疑惑の影』(1943年)や『汚名』(1946年)などを撮り、さらには独立プロダクションを設立して『ロープ』(1948年)などを発表した。1950年代以後はワーナー・ブラザースパラマウント・ピクチャーズユニバーサル・ピクチャーズなどの大手映画スタジオと契約を結び、プロデューサーを兼任して『見知らぬ乗客』(1951年)、『裏窓』(1954年)、『めまい』(1958年)、『北北西に進路を取れ』(1959年)、『サイコ』(1960年)、『』(1963年)などを発表し、高い評価と興行的成功を収めた。その間の1955年にはアメリカ市民権を取得した。

ヒッチコックは生前にさまざまな栄誉を受けており、1968年映画芸術科学アカデミーからアービング・G・タルバーグ賞を受賞し、亡くなる4か月前の1979年12月には大英帝国勲章を授与された。今日までヒッチコックの作品は、さまざまな学術的研究や批評の対象となっている。

監督した長編映画

             220px-Site_of_517_High_Road_Leytonstone_London_E11_3EE_%28Birthplace_of_Alfred_Hitchcock%29.jpg
ヒッチコックの生まれた場所であるレイトンストーンのハイ・ロード517番地(ガソリンスタンドが建っている所)。右側の建物にはそれを記念した『』(1963年)の壁画が描かれている[5]

※注:このサイトは、アルフレッド・ヒッチコックに関連した書きかけのものです。 内容について加筆・訂正などをしてくださる協力者を求めています  作成者拝

このメッセージは、 2023年7月10日に、イーライフ宇崎勝さんが投稿
ヒッチコックは、イギリス時代からアメリカ移住まで生涯たくさんの映画を作り(50本以上の長編映画を監督した。) そのほとんどが歴史に残る名作となっている。
「サスペンスの巨匠」「スリラーの神様」と呼ばれた。  功績をいつまでも忘れません。    合掌

メッセージの投稿

 
メッセージ
このメッセージは、 2023年7月10日に、イーライフ宇崎勝さんが投稿
ヒッチコックは、イギリス時代からアメリカ移住まで生涯たくさんの映画を作り(50本以上の長編映画を監督した。) そのほとんどが歴史に残る名作となっている。
「サスペンスの巨匠」「スリラーの神様」と呼ばれた。  功績をいつまでも忘れません。    合掌
大切な方の思いで

(生い立ち)

1899年8月13日、アルフレッド・ジョゼフ・ヒッチコック(以下、ヒッチコックと表記)はイースト・ロンドン(当時はエセックスの一部)の郊外、レイトンストーン英語版)のハイ・ロード517番地に、鶏肉店と青果物の卸売商を営む父のウィリアム・エドガー・ヒッチコックと、母のエマ・ジェーン・ヒッチコック(旧姓はホイーラン)の3人の子供の末っ子として生まれた[6][7]。兄姉は9歳上のウィリアム・ダニエル・ヒッチコックと、7歳上のエレン・キャスリーン・ヒッチコック(愛称はネリー)である[7]。一家は英国国教会の信者が多数を占めるイングランドでは少数派である、アイルランド系のローマ・カトリック教徒だった

(幼少期)

幼少期のヒッチコックは内向的でおとなしく、遊び友達もおらず、いつも自分で面白いことを考え出してはひとりで遊んでいた[9][10]。その遊びというのは地図や時刻表を研究したり、旅行案内書を読んだり、ロンドン市内を散歩したりするというものだった[8][10]。8歳になるまでにはロンドンを走る馬車鉄道の全線を制覇し、さらにイギリスのほとんどの鉄道路線の時刻表を暗唱してみせて家族を驚かせた[10]。家の壁には巨大な海図を貼り、そこに航行中のイギリス商船の日ごとの位置をつけていた[10]