承継
この追悼サイトは、 ヘレン・ ケラー(作家・障がい者権利の擁護者・講演家)さまのために作成されました。

享年87歳 、誕生日 1880年6月27日、命日 1968年6月1日
※ ヘレン・さんへのメッセージ投稿や、思いでの共有はサインインで可能になります。

ヘレン・アダムズ・ケラー(Helen Adams Keller、1880年6月27日 - 1968年6月1日)は、アメリカ合衆国の作家、障害者権利の擁護者英語版)、政治活動家、講演家である。アラバマ州タスカンビアに生まれ、生後19か月時に病気が原因で視力聴力を失った。その後はホームサインを使って主に意思疎通を行っていたが、7歳の時に初めての教師で生涯にわたる友となるアン・サリヴァンと出会った。サリヴァンはケラーに言葉や読み書きを教えた。盲学校と聾学校、そして普通学校で教育を受けた後、ケラーはハーバード大学ラドクリフ・カレッジに通い、バチェラー・オブ・アーツの学位を得た初めての盲ろう者となった。

ケラーは1924年から1968年までアメリカ盲人財団英語版)(AFP)に勤めた。この間、ケラーはアメリカ合衆国各地で講演を行い、世界中の35か国へ旅して視覚障害者を支持した。

ケラーは多くの作品を残した作家でもあり、動物からマハトマ・ガンディーに至るまで幅広い題材に関する14冊の本と数百もの演説とエッセイを書いた[1]。ケラーは、障害を持つ人々や女性参政権労働者の権利世界平和のため運動を起こした。1909年、アメリカ社会党に入党した。ケラーはアメリカ自由人権協会の創立会員であった。

ケラーの1903年の自伝『わたしの生涯英語版)』により、彼女の受けた教育とサリヴァンとの人生が公となった。自伝はウィリアム・ギブスンによって舞台劇『奇跡の人』に翻案され、さらに同題名の映画『奇跡の人』にもなった。ケラーの出生地はアメリカ合衆国国定歴史建造物に指定され、保存されている。1954年以降は、博物館として運営されており[2]、毎年「ヘレン・ケラーの日」を後援している。

ケラーは、1971年にアラバマ州女性殿堂英語版)入りした。2015年6月8日に新たに設立されたアラバマ州作家殿堂に殿堂入りした初の12人のうちの1人となった[3]

1887年、7歳の時、ケラーの両親は聴覚障害児の教育を研究していたアレクサンダー・グラハム・ベル電話の発明者として知られる)を訪れ、ベルの紹介でマサチューセッツ州ウォータータウンにあるパーキンス盲学校の校長マイケル・アナグノスに手紙を出し、家庭教師の派遣を要請した。3月3日に派遣されてきたのが、同校を優秀な成績で卒業した当時20歳のアン・サリヴァン(通称アニー)であった。サリヴァンは小さい頃から弱視であったため(手術をして当時は既に視力は回復していた)、自分の経験を活かしてケラーに「しつけ」「指文字」「言葉」を教えた(ただし、最初はサリヴァンの強引な「しつけ」の教え方にアーサーは憤慨しサリヴァンの解雇を考えたという)。おかげでケラーはあきらめかけていた「話すこと」が出来るようになった。サリヴァンはその後、約50年に渡りよき教師、そしてよき友人としてケラーを支えていくことになる。1888年5月(7歳)、ボストンのパーキンス盲学校に通学を始め、以後3年間、断続的に学んだ。1890年3月(9歳)、ボストンのホレース・マン聾学校の校長、サラ・フラーから発声法を学んだ。

1894年、ニューヨークのライト・ヒューマソン聾学校に入学し、発声の勉強に励んだ。1896年10月、ケンブリッジ女学院に入学した、まもなく父アーサーが死去した。1897年12月、サリヴァンが校長のアーサー・ギルマンと教育方針をめぐって衝突したため、ケラーはケンブリッジ女学院を退学した。2人はボストン南郊のレンサムに家を借りて落ち着いた。ケラーは、もう1人の家庭教師であるキースの手を借りて勉強を続けた。1900年10月、ラドクリフ・カレッジ(現:ハーバード大学)に入学した。

1909年アメリカ社会党に入党した。婦人参政権運動、産児制限運動、公民権運動など多くの政治的・人道的な抗議運動に参加した。また、著作家としても活動を続けた。1913年(33歳) - ジョン・メイシーがレンサムの家を去り、サリヴァンの結婚生活が崩壊した。

1918年、ハリウッドで自叙伝を映画化した『救済英語版)』に出演した。1922年、妹と同居中の母ケイトが死去した。1927年、『私の宗教英語版)』を出版した。

1936年10月20日、サリヴァンが死去した。フォレスト・ヒルズの家からコネチカット州のウエスト・ポートに移転した。1939年、ウエスト・ポートで、慈善家によってケラーのために特別に建てられ寄贈された家に転居した。

1946年11月、トムソンとともに海外盲人アメリカ協会の代表としてヨーロッパを訪問中、住宅が全焼した。この火災によって原稿、資料その他貴重な所有物をほとんど失った。1947年10月、住宅を再建し入居した。

1951年南部アフリカを訪問した。1952年フランス政府からレジオン・ド=ヌール勲章を授けられた。同年から1957年にかけて、中東中部アフリカ北欧、日本を訪れた。

「三重苦」だったと言われているが、発声に関してはある程度克服した。ケラーの妹の孫によれば、抑揚はないものの話すことができたという[16]。ケラーは健常者と同様に、乗馬複葉飛行機の同乗を体験した。

ヘレン・ケラーの名言
顔をいつも              自分はこの程度の人間だと思った瞬間、
太陽のほうにむけていて。       それ以上の人間になることが出来なくなります

影なんて               十分な時間をかけて努力すれば、成し遂げられ
見ていることはないわ。        ないことなどないのです。
言葉というものがあるのを       人生がもっとも面白くなるのは、他人のために
はじめて悟った日の晩。         生きている時です。

ベットの中で、            私は自分の障害に感謝しています。自分を見出
私は嬉しくて嬉しくて          し、生涯の仕事に出会えたのもこの障害の
                     おかげだからです。
この時はじめて
「早く明日になればいい」       元気を出しなさい。今日の失敗ではなく、明日
と思いました。            訪れるかもしれない成功について考えるのです
人生はどちらかです。         悲しみと苦痛は、やがて人のために尽くす心と
勇気をもって挑むか           という美しい花を咲かせる土壌だと考え
棒にふるか。               ましょう。
盲目であることは、          心を優しく持ち、耐え抜くことを学びましょう
悲しいことです。
                   世界は確かに苦難に満ちているかも知れません
けれど、目が見えるのに         でも、それを多くの人が乗り越えているのも
見ようとしないのは、           事実です。
もっと悲しいことです。
ひとつの幸せの            希望は人々を成功に導いてくれる。
ドアが閉じるとき、           希望がなければ、どんなことだって
もうひとつのドアが開く。         出来なくなります。

しかし、よく私たちは      
閉じたドアばかりに           世界を動かすのは、英雄の強く大きなひと押
目を奪われ、               しだけではありません。

開いたドアに              誠実に仕事をする、ひとりひとりの
気付かない。               小さなひと押しが集まることでも世界は
もしも、                 動くのです。
この世が喜びばかりなら

人は決して               他人の人格について語る時ほど、
勇気と忍耐を               自分の人格を露呈することになります。
学ばないでしょう。
        アン・サリヴァンの画像 アン・サリヴァン先生


     ヘレン・ケラー
 墓所のワシントン大聖堂。 なんとステンドグラスに月の石が埋め込まれている!
※注:このサイトは、ヘレン・ケラーに関連した書きかけのものです。 内容について加筆・訂正などをしてくださる協力者を求めています  作成者拝
このメッセージは、 2023年10月10日に、イーライフ宇崎勝さんが投稿
「奇跡の人」ヘレン・ケラーとアン・サリヴァン先生の、とうてい口で言い表すことが出来ない程の苦労と努力を思う時、どんな苦難にも負けてはいけないと
改めて痛感いたします。          合掌

メッセージの投稿

 
メッセージ
このメッセージは、 2023年10月10日に、イーライフ宇崎勝さんが投稿
「奇跡の人」ヘレン・ケラーとアン・サリヴァン先生の、とうてい口で言い表すことが出来ない程の苦労と努力を思う時、どんな苦難にも負けてはいけないと
改めて痛感いたします。          合掌
大切な方の思いで

(生い立ち)

1880年6月27日アメリカ合衆国アラバマ州タスカンビアで誕生した。父のアーサー・ケラーはスイスドイツ語圏から移住したドイツ系の地主の息子で、南北戦争当時南軍大尉でドイツ系アメリカ人である。アーサーの母(ヘレンの祖母)のマリー・フェアファックス・ケラーはイングランド系アメリカ人南軍の総司令官、ロバート・E・リーとははとこの関係[注 1]にある。母のケイト・アダムス・ケラーもアーサーの母と同じくイングランド系アメリカ人であり、その父(ヘレンの祖父)のチャールズ・アダムス英語版)は南軍の准将であった。両親ともに南部の名家の出身である。兄弟は異母兄2人(ジェームズ、シンプソン)、のちに同母妹のミルドレッドを持つ。

1882年、1歳半の時に高熱(現在では猩紅熱と考えられている)に伴う髄膜炎に罹患した。医師と家族の懸命な治療により一命は取り留めたものの、視力と聴力を失い、話すことさえ出来なくなった。そのため両親からしつけを受けることの出来ない状態となり、非常にわがままに育った。