承継
この追悼サイトは、 大塚 武三郎(大塚製薬創業者)さまのために作成されました。

享年78歳 、誕生日 1891年12月1日、命日 1970年9月30日
※ 大塚さんへのメッセージ投稿や、思いでの共有はサインインで可能になります。

大塚 武三郎(おおつか ぶさぶろう、1891年明治24年)12月1日 - 1970年昭和45年)9月30日)は、日本実業家。大塚グループの発祥企業である大塚製薬工業部(現:大塚製薬工場)の創業者。徳島県鳴門市出身。勲五等双光旭日章従五位勲四等瑞宝章、藍綬褒章などを受賞。

来歴・人物[編集]1921年に29歳で徳島県鳴門市に大塚製薬工業部(現:大塚製薬工場)を創立した。

1947年に長男の大塚正士が社長を引き継ぎグループの総帥になる。

1970年9月30日、78歳で死去。

親族[編集]息子は大塚正士(長男)、大塚芳満(三男)、大塚公(四男)、大塚正富(五男)である。孫は大塚ホールディングス初代会長の大塚明彦大塚化学元社長の大塚雄二郎である。ひ孫は、大塚ホールディングス会長の大塚一郎大塚倉庫会長の大塚太郎と元ヴォーカリスト大塚雄三高松琴平電鉄社長の真鍋康正[1][2]などである。

徳島県鳴門市出身の起業家。1921(大正10)年に化学原料会社「大塚製薬工業部」を社員10人で創立。ボンカレー(大塚食品)やポカリスエット(大塚製薬)などがヒットし、2021年末時点で世界33カ国・地域に展開するトータルヘルスケア企業グループへと成長した。生前好んだ「流汗悟道(汗を流して道を悟る)」という言葉に勤勉さと志、品質へのこだわりが表れている。
大塚グループ持株会社
office_img_01.jpg

グループ企業かつてのグループ企業主な消費者向け商品関連人物   大塚国際美術館  徳島県鳴門市鳴門町 鳴門公園内  088-687-3737
  大塚国際美術館大塚国際美術館 
※注:このサイトは、大塚武三郎に関連した書きかけのものです。 内容について加筆・訂正などをしてくださる協力者を求めています  作成者拝
このメッセージは、 2023年7月17日に、イーライフ株式会社宇崎勝(イーライフ)さんが投稿
鳴門市から世界的企業へと発展を遂げた大塚グループの創業者一族の成長の軌跡は、すべての事業を志す者のモデルとなるでしょう。     合掌

メッセージの投稿

 
メッセージ
このメッセージは、 2023年7月17日に、イーライフ株式会社宇崎勝(イーライフ)さんが投稿
鳴門市から世界的企業へと発展を遂げた大塚グループの創業者一族の成長の軌跡は、すべての事業を志す者のモデルとなるでしょう。     合掌