想いで.com
戒名: 紫雲院殿政誉清浄晋寿大居士

この想いでサイトは、私たちの愛する人 安倍 晋三さんを記念して作成されました。
ありがとう安倍元総理デジタル献花プロジェクト」デジタル献花が9/30/2022年に終了しました。
引き続き、デジタル献花・弔意などを引き続き送りたいとの希望あり、追悼サイトにてネット霊園にて永代供養いたしました。※南カリフォルニア大学同窓生一同


政治家として

内閣総理大臣(第90・96・97・98代)、内閣官房長官(第72代)、内閣官房副長官(政務担当)、衆議院議員(10期)、自由民主党総裁(第21・25代)、自由民主党幹事長(第41代)、自由民主党幹事長代理、清和政策研究会会長(第10代)などを歴任した。

生い立ち
安倍一家左から、母・洋子、当時2歳の晋三、父・安倍晋太郎、兄・寛信(1956年)。東京都新宿区出身。毎日新聞の記者であった安倍晋太郎と妻洋子の次男として生まれる。弟の信夫は養子に出されたため末子として育つ。本籍地は山口県大津郡油谷町(現長門市)。父方の祖父は衆議院議員の安倍寛、母方の祖父は後の首相岸信介で、大叔父には元首相の佐藤栄作、叔父には日本興業銀行の頭取を務めた西村正雄がいる。一家は渋谷区南平台町の岸の自宅で、岸と同居した。1958年5月、父の安倍晋太郎が第28回衆議院議員総選挙に立候補し初当選した。幼い頃は野球選手や、テレビを見て刑事になることに憧れていた。
詳細はウィキペディアを参照
忘れない信念
  • 重要なことは結果だ。100の言葉より1の結果だ
  • 誰が何と言おうと、どんなに批判を受けようと自分の信念を持ち続けることが重要
  • 言うべきことはきちんと言わなければならないし、そのためには自分で発信することを躊躇していては何も始まらない
あべ晋三チャンネル(ユーチューブ)
「美しい日本」公式サイト
このメッセージは、 2023年1月18日に、FujisawaTedさんが投稿
1978年1月から1年間、南カリフォルニア大学に留学された際に沢山の交友を築かれました。大学の先輩として、訪米中に同大学を訪問した際はお世話になりました。ご逝去を悼み、謹んでお悔やみ申し上げます。
このメッセージは、 2023年1月18日に、イーライフ株式会社宇崎勝(イーライフ)さんが投稿
ご冥福をお祈り申し上げます

メッセージの投稿

 
メッセージ
このメッセージは、 2023年1月18日に、FujisawaTedさんが投稿
1978年1月から1年間、南カリフォルニア大学に留学された際に沢山の交友を築かれました。大学の先輩として、訪米中に同大学を訪問した際はお世話になりました。ご逝去を悼み、謹んでお悔やみ申し上げます。
このメッセージは、 2023年1月18日に、イーライフ株式会社宇崎勝(イーライフ)さんが投稿
ご冥福をお祈り申し上げます