内容

欧米では、インターネット上でお墓を作成してQRコードをリンクし、そのQRコードを印刷した「デジタル墓石マーカー」をお墓・追悼碑・記念碑などに取り付けることが流行しています。オーストラリア、英国、米国で埋葬地では、既に1,000万以上の【ネット墓】が建立され、今や新し墓石の2~3%がQRコード付きと言われています
スマートシニア
スマートシニア

シニアが自分らしく暮らせる社会を「デジタル化」でサポート

【ネット墓】とは、先祖・故人の思い出(遺影、写真アルバム、おもいでノート、人生史、家系図など)をデジタル化して保存し見ることができるインターネット上のお墓です。(例: 追悼.com

   何世紀にもわたって、お墓は、先祖や故人の名前、戒名、日付が小さな碑文で刻まれてきました。しかし、墓石の限られたスペースに彫るため多くを残すことは困難でした。現在、欧米の霊園では、お墓ORコードが活用されているため、お墓参りでは先祖や故人の生きた記録を見たり、メッセージを残したりすることができます。つまり、霊園でお墓参りする人は、墓石に刻まれた文字と数字だけの情報に制限されなくなりました。

*米国TV大手ABCニュース

QRコード付きの【ネット墓】については2012年に放映され 「先祖・故人のデジタル化した物語を残しておくことは、後世に墓石で知りえるものより多くを学ぶことができます」と称賛されるように、海外では10年以上の歴史があります。

ネット墓 4つのメリット

故人や遺族のデジタル情報保存ができる

  故人の思い出(写真アルバム、おもいでノート、人生史など)は、事情によってはその取り扱いに困り、そのまま放置されるか処分されることもありました。
  しかし、【ネット墓】が出来て、デジタル化して保存し見ることができるようになりました。このことは、新しい墓石だけでなく、既存の墓石や墓誌に「デジタル墓石マーカー」を取り付けることで、スマホで先祖や故人を想い起こすことができるのが特徴です。

自宅や遠方からお墓参りができる

  コロナ禍の影響でお墓参りができなかった方には、自宅の仏壇などの身近な場所で供養をしたいという要望が増えています。その際に、仏壇に手を合わせると同時に、【ネット墓】を通じて先祖・故人のデジタル化した思い出や過去のお墓参りの写真を見たり、お参りの言葉ををスマホで伝え(メッセージ投稿)たりします。
  また、この【ネット墓】は、高齢や遠方で参列出来ない方々に お墓参りの機会(お盆・葬祭行事など)を提供することができるようになりました。

 迷惑をかけない死後の準備ができる

  【ネット墓】では、終活の一つとして生前に自分で遺影やその他の写真、ビデオ、人生史などを選びご家族に残すことができます。これは、残された方が、あわあだしく葬儀の準備をする中で多くの写真から遺影写真を選ぶようなことがなく、負担が軽減されるという事を意味します。
  また、自分だけでなく、お墓を継承してお参りをするご家族と会話をしながら準備を進めると、後世への素晴らしい思い出の遺産となります。

お墓にかかる管理や費用を低減する

  新しくお墓を購入すると、「永代使用料」「墓地管理費」「墓石費用」、その他の費用が必要になります。これらを合計すると、お墓は平均200万円程度(2018年データ)の高額な買物となります。
  また、先祖のお墓に入る場合でも、お布施以外に、埋葬作業費用彫刻料、塔姿(とうば)費用、手桶、お供え物などで20万円以上はかかると言われます。
  お墓を持つという行為は、お金がかかるだけでなく墓守・管理者が必要なため、その方々への負担となる場合があります。
これに対し【ネット墓】は無料版から安く、墓守・管理者が不要のため、樹木葬(約20万円~)納骨堂(約30万円~)合葬・合祀墓(約10万円~)などのお墓と一緒に選ばれる例も多くなっています。

まとめ

多様化する供養方法にデジタル化された故人の思い出の利用があります。これを現在の葬儀・お墓では残すことができないため、【ネット墓】が活用されます。

ネット墓】には「故人を身近に感じる」というグリーフケアという面でも欧米では取り上げられており、政府や公共機関でもコロナ禍で推奨されています。故人に会いにお墓参りに行きたいと思っても、様々な事情でなかなか行けない家庭が多くあります。そのような中で、仏壇と一緒にデジタル化した多くの思い出があれば、毎日手を合わせることで故人をより身近に感じることができると言われます。生前に仲の良かった家庭ほど、残されたご家族の悲しみも大きいはず。思い出に包まれて故人を感じ、追悼できる機会をつくれます。

なお、【ネット墓】を購入する欧米の方の多くは、【ネット墓】だけではなく、お墓、樹木葬、納骨、合葬・合祀墓などに使用するQRコードを併せて購入しているのも「墓石の不足部分をデジタルデータで補う」使い方の特徴です。