ForeverMissed
この追悼サイトは、1980年7月2日に生まれ、2020年4月21日に逝去した私たちの愛する人、アリシアフィリップス39歳を記念して作成されました。
このメッセージは、 2020年11月26日に、TsuitonetSupportさんが投稿
こんなに美しい友達を失うのはとても悲しいです。私は彼女が平和であることを知っています。アリとデビッドの間の愛は私が尊敬するもので、特別です。誰もが人生でそれを体験できるわけではありません。アリさんがいなくて寂しいです、また友達に会いましょう!すべての私の愛!
このメッセージは、 2020年11月26日に、TsuitonetSupportさんが投稿
アリシアは人の世話をするのが大好きでした。彼女は彼らが考え、必要としていることを気にかけていました。彼女はディズニーランドをとても愛していました。彼女にとって、それは地球上で最も幸せな場所でした。彼女はすでに恋しくて、すぐに私たちを去りました。
夜明けおばさん
このメッセージは、 2020年11月17日に、TsuitonetSupportさんが投稿
心よりお悔やみ申し上げます。
このメッセージは、 2020年11月17日に、TsuitonetSupportさんが投稿
心よりお悔やみ申し上げます。思い出は永遠に残ります。
このメッセージは、 2020年11月9日に、TsuitonetSupportさんが投稿
娘さんを亡くされたとのことで、心よりお悔やみ申し上げます。
言葉では悲しみを表現できません
しかし、彼女はいつも私の心の中にいます。
彼女との思い出を大切にします。
あなたは一人ではないことを覚えておいてください。私の思いと祈りがあなたと共にあります。
このメッセージは、 2020年11月9日に、TsuitonetSupportさんが投稿
彼女は素晴らしい方でした。彼女と知り合いになれて嬉しかった。

あなたのことを思ってお祈りしています。
このメッセージは、 2020年11月9日に、TsuitonetSupportさんが投稿
あなたの愛する方の死に哀悼の意を捧げます。大切な人を亡くされたことにお悔やみを申し上げます。
このメッセージは、 2020年11月9日に、TsuitonetSupportさんが投稿
アリシアは人の世話をするのが好きでした。彼らが何を考え、何を必要としているかを気にかけていました。彼女はディズニーランドをとても愛していました。彼女にとって、それは地球上で最も幸せな場所でした。彼女はすでに惜しまれていますが、あまりにも早く私たちの元を去ってしまいました。

メッセージ投稿

 
メッセージ
このメッセージは、 2020年11月26日に、TsuitonetSupportさんが投稿
こんなに美しい友達を失うのはとても悲しいです。私は彼女が平和であることを知っています。アリとデビッドの間の愛は私が尊敬するもので、特別です。誰もが人生でそれを体験できるわけではありません。アリさんがいなくて寂しいです、また友達に会いましょう!すべての私の愛!
このメッセージは、 2020年11月26日に、TsuitonetSupportさんが投稿
アリシアは人の世話をするのが大好きでした。彼女は彼らが考え、必要としていることを気にかけていました。彼女はディズニーランドをとても愛していました。彼女にとって、それは地球上で最も幸せな場所でした。彼女はすでに恋しくて、すぐに私たちを去りました。
夜明けおばさん
このメッセージは、 2020年11月17日に、TsuitonetSupportさんが投稿
心よりお悔やみ申し上げます。
大切な方の生涯

最初に会った時

   初めてアリシアに会った時、彼女はアタスカデロのサークルK76で働いていた。駅のオーナーに頼まれていたんだが、彼女の初夜の仕事を手伝ってくれないかと。

    彼女は私が同じ会社で働いていることを知らず、私がカウンターの後ろで働くことは許されていないと平然と言いました。

   私は少し笑ったが、その美しい目は少し火をつけて輝いていた。そのお礼に、私は彼女に通り沿いのA&Wでランチを買ってあげました。マクドナルドでチリチーズドッグ2個(オニオンなし)とフライドポテトを買った。
直近の思い出

彼女との思い出

TsuitonetSupportさんが2020年11月26日に投稿

 いつも、笑顔がキラキラしていて、好奇心旺盛で、笑うと天使が舞い降りたと思うほど、周りも明るい空気に包まれました。
ディズニーが大好きで、必ずアニバーサリーに訪れていましたね。

彼女とのはじめてのおもいで

TsuitonetSupportさんが2020年11月26日に投稿

 
 私が初めてアリシアに会ったとき、彼女はアタスカデロのサークルK 76で働いていました。同じ系列別のお店で働いていたのでした。
ある日、私は自分を紹介するために立ち寄りました。 彼女は私が同じ会社で働いていることを知らなかったし、私がカウンターの後ろにいることは許されないわよと冗談めいて、私に語りかけました。私は少し笑いました。そして彼女の美しい目は、少し輝きました! 
次の日私は通りのA&Wから彼女の昼食を買いました。 2チリチーズ(玉ねぎなし)とマクドナルドからのフライドポテト。
これが彼女との最初の思い出です。