内容

愛する人を失うことは、非常にプラベートな経験です。すべての悲嘆は此処違い、ケアに決まったルールはありません。本や他の人の経験が、あなたの悲しみが当てはまると考えるのは難しく、悲観からの回復は決して容易ではなく、混乱したり、くつか予期せぬ反応があるかもしれません。そんな風に感じているのはあなただけではありません。ここでは、悲しみについて知るべき6つをお伝えします。(英訳)

 

準備ができているひとはいません

 

愛する人を失うとわかっているときは、あなたの心の中ででシナリオを考えるのは自然なことです。”もしも “を考慮し、自分の反応を想像してみてください。 残念ながらあなたが本当に喪失の現実に打ちひしがれるまで、それがどのように感じられるかについて単に準備することはできません。

 

泣けないかもしれません

 

悲しみは予測できないし、驚くべきものです。ほとんどの人は涙を流すのは自然な反応だと思っていますが、実は、そうではないことが多いのです。感覚が麻痺して泣けなくなることもあります。長い闘病生活の後に死が予想されていた場合は、予期せぬ悲しみに襲われて涙が出なくなってしまったのかもしれません。これが普通だということを知っておきましょう。

 

突然の感情の爆発を起こす時がきます

 

多くの人々は、最初の数日間は非常に感情的になるが、葬儀や追悼式で感情が和らぎます。実は深い部分で悲しみは存在し、それが消えたという非現実的な期待を抱いています。しかし、悲しみの引き金はどこにでもあって、いきなり失った愛する人を思います。ですから、これらの突然の感情を経験したときには、それが正常であることを知って、自分自身に恵みを与えてください。

 

悲しみは肉体的な苦痛を与える

 

グリーフは全身的な経験であり、痛みは感情的なものから肉体的なものへと容易に超越しうるのです。最も一般的な表現としては、痛みや、睡眠障害、消化器系の問題などが挙げられます。しかし、悲しみは実際には心臓の問題のような深刻な身体的症状を引き起こすこともあります。自分自身のケアを忘れないようにしましょう。

 

信じるものに疑問を持ち始める

 

愛する人の喪失はあなたの世界全体を揺るがし、信念体系そのものに疑問を持ち始めるかもしれません – あるいは、それによって見放されたと感じるかもしれません。これは予想されることであり、あなたが悪い人間になるわけではありません。

 

グリーフは本当に乗り越えることはありません

 

悲しみのどん底にいるときに、誰もこの真実を聞きたいとは思いません。悲しいことに、現実から逃避することはできません。大きなグルーフから、満たされることはありません。むなしさを残して、常にあなたと共にあります。それでも、あなたは時間をかけてこれと一緒に生きることを学ぶことができます。

グリーフの最も残酷なことは、人生の経験になることができるということです – あなたは個人的な悲しみの経験をした人であり、あなたの悲しみの旅は、あなたにとってもプライベートなものなのです。