ForeverMissed
愛情と感謝の念を込めて、私たちは別れを告げます:大学教授アンヌマリーフルシチョフ Annemarie Frischauf博士

こちらは Annemarie  Frischaufさんへの記憶を思い出として残す場です。

1947年8月29日にウィーンで生まれ、2020年10月9日にザルツブルクで亡くなりました。

彼女は多面的な興味と多くの才能を持った強くて独立した女性でした。

・精神と信念を持った科学者
・最後までミュージシャン兼ピアニスト
・彼女の仲間の人間を尊重し、インスピレーションを与えた人
・周りの子供たちにいつも優しさ、関わり、時間を持っていた母親と祖母

愛情のこもった思い出の中で、彼女はシャーロット、アリス、アドライン
・ハンスとクリスティーナ、アントン、エリ、ヤコブ、ヴィンツェントと家族のヴォルフガングを残しました。
ハインリッヒとエリザベスとステファンとクリスティン彼女のすべての友達と同様に。

葬儀は11月にウィーン(中央墓地)で行われます。詳細はまもなく続きます。参加に興味があれば、短いフィードバックをいただければ幸いです。



このメッセージは、 2020年10月17日に、濱中理惠さんが投稿
この賛辞は、2020年10月13日アンドレアPrivecによって投稿

それは必ずしも簡単ではありませんでした-しかし、人生の良いことは決してありません-安らかに休んでください、親愛なるアンネマリーと家族への私の哀悼の意

This tribute was added by Andrea Privec on October 13, 2020
Es war nicht immer leicht - aber das sind die guten Dinge im Leben nie - Ruhe in Frieden liebe Annemarie und mein Beileid für die Familie
このメッセージは、 2020年10月17日に、濱中理惠さんが投稿
2020年10月14日投稿者Hanneloreブライテンバッハ 
親愛なるアンヌマリー、

数日前、マイケルと私はザルツブルクのあなたの家のそばを運転しました-そして私は考えました:今、私たちはアンネマリーを訪問しなければなりません。そして今、あなたは私たちの前に進んでいます。マイケルは非常に動揺していて、それを信じることができません。研究所では必ずしも簡単なことではありませんでしたが、ここザルツブルクの大学で行ったすべてのことに感謝します。そして、一緒にいて楽しい時間を過ごした時代を振り返ります。何年もの間、マックスは
「アンネマリーはどうですか」と尋ねました。
あなたはあなたの子供とあなたの孫について話しました、そしてあなたはあなたが彼ら全員をどれほど愛しているかを見ることができました。そして、あなたはそれを完全に信じたことはありませんでしたが、今でもあなたは彼らに近づくことができることがわかります。
そしてAnnemarie:再会があります!あなたが今いるのはほんの少しの間です!
私たちはあなたの息子とその家族に哀悼の意を表します!
あなたを愛し、感謝するすべての人も。
さようならアネマリー!
マイケルとロア

Hannelore Breitenbach on October 14, 2020
Liebe Annemarie,

vor wenigen Tagen sind der Michael und ich bei Deinem Haus in Salzburg vorbeigefahren - und ich hab gedacht: jetzt müssen wir die Annemarie aber besuchen. Und jetzt bist Du uns voraus gegangen. Michael ist sehr bestürzt und kann es gar nicht fassen. Du weisst ja, dass es am Institut nicht immer leicht war, aber wir danken Dir für alles was Du hier in Salzburg an der Universität geleistet hast. Und wir denken an die Zeiten zurück, wo wir zusammen waren und eine gute Zeit hatten. Der Max hat noch Jahre gefragt
" Wie gehts denn der Annemarie".
Von Deinen Kindern hast Du erzählt und von den Enkerl und man hat gesehen wie sehr Du sie alle liebst. Und das hast Du ja immer nicht ganz geglaubt, aber nun wirst Du sehen, dass Du Ihnen auch jetzt nahe sein kannst.
Und Annemarie : es gibt ein Wiedersehen! Dort wo Du jetzt bist, ist es nur ein kleine Weile!
Deinen Söhnen mit Ihren Familien sagen wir unser Beileid!
All denen die Dich lieben und schätzten ebenso.
Auf Wiedersehen Annemarie!
Michael und Lore
このメッセージは、 2020年10月17日に、濱中理惠さんが投稿
投稿者サンドラLaner-Plambergerに2020年10月14日
親愛なるアンネマリー、

この場を借りて、私の卒業証書と論文の世話をしてくださったことに改めて感謝いたします。それはあなたの側で素晴らしくて有益な年でした。あなたのステップが今沈黙しているとしても、あなたの痕跡は残ります。

あなたへの最後の挨拶と遺族、
サンドラへの私の哀悼の意

Posted by Sandra Laner-Plamberger on October 14, 2020
Liebe Annemarie,

Ich danke Dir an dieser Stelle von Herzen noch einmal für die Betreuung meiner Diplomarbeit und Dissertation. Es waren wunderbare und lehrreiche Jahre an Deiner Seite. Auch wenn Deine Schritte nun verstummt sind, so bleiben Deine Spuren.

Ein letzter Gruß an Dich und mein Beileid für die Trauerfamilie,
Sandra
このメッセージは、 2020年10月17日に、濱中理惠さんが投稿
投稿者ダニエラ・カーンに2020年10月14日
私は2、3年前に最後にあなたに会いました。私たちが登っているとき、あなたは私たちを通り過ぎて下り坂をさまよいました、そして私はまだ自分自身に思いました:なんて素晴らしい、アンネマリーは彼女の当然の引退を楽しんでいます。
そして今、このメッセージ。私は動揺しています。
あなたの科学的先見性とあなたのサポートは常に素晴らしく、対人関係は常にあなたにとって重要でした。私は大学での年月を振り返るのが好きです、そしてあなたは私が愛情を込めて覚えている私たちのワークグループからの多くの面白くて、役に立つ、技術的に刺激的なそして時々風変わりな瞬間に値します。

ご家族やご友人に哀悼の意を表します。

Posted by Daniela Kern on October 14, 2020
Vor 2, oder waren es schon 3 Jahren, habe ich dich das letzte Mal getroffen. Bergab bist du an uns vorbeigewandert, als wir gerade klettern waren und ich dachte mir noch: wie schön, Annemarie genießt ihren wohlverdienten Ruhestand.
Und jetzt diese Nachricht. Ich bin bestürzt.
Dein wissenschaftlicher Weitblick und deine Unterstützung waren immer grandios, auch das Zwischenmenschliche war dir immer wichtig. Ich denke gerne zurück an die Jahre an der Uni und sehr viele der lustigen, hilfsbereiten, fachlich spannenden und ab und an auch schrulligen Momente aus unseren Arbeitsgruppen, an die ich mich gerne erinnere, gebühren dir.


Mein aufrichtiges Beileid an deine Familie und Freunde.


Ein Mensch ist erst dann wirklich von dieser Welt gegangen, wenn sich niemand mehr an ihn erinnert. Und du hast dir ein großes Denkmal mit deinem Leben geschaffen, an das sich viele Menschen für immer sehr gerne erinnern werden.

Du wirst fehlen.
このメッセージは、 2020年10月17日に、濱中理惠さんが投稿
2020年10月14日投稿者マヤBucan
私はアンネマリーの訃報にとても悲しい気持ちです。アンヌマリーは私の3人のPhD共同アドバイザーの1人でした。2人の共同アドバイザーが科学者としての私の成長に大きな影響を与えましたが、アンヌマリーは、科学に加えて、私の人生の他の多くの側面に影響とアドバイスを提供しました。アンヌマリー(「AMF」)は、科学論文の書き方、ラボでの時間を整理する方法、共同編集者や競合他社とのやり取りの方法だけでなく、他のデザートと一緒にメリンゲを提供する方法も教えてくれました。私はオペラに。母とアンネマリーは、家庭生活と厳しいキャリアのバランスをとる方法を教えてくれました。ハンス、ヴォルフガング、そしてその家族に心からお悔やみを申し上げます…..今後数日間、ルチアーノ・パヴァロッティの話を聞き、メリンゲを食べます。
安らかにアンヌマリー。

Posted by Maja Bucan on October 14, 2020
I am so sad about Annemarie’s passing. Annemarie was one of my three PhD co-advisors. Two co-advisors had a huge influence on my development as a scientist, but Annemarie provided influence and advice on so many other aspects of my life in addition to science. Annemarie (“AMF”) taught me how to write a scientific paper, how to organize my time in the lab, how to interact with collaborators and competitors, but also how to serve meringues along with any other dessert ….it was Annemarie who introduced me to opera. My mother and Annemarie showed me how to balance a family life with a demanding career. My heartfelt condolences to Hans, Wolfgang and the family…..For the next few days I will listen to Luciano Pavarotti and eat meringues. Rest in peace Annemarie.
このメッセージは、 2020年10月17日に、濱中理惠さんが投稿
2020年10月15日投稿者ウルリッヒ・エックハルト
親愛なるアンネマリー、

私たちがザルツブルク大学で一緒に過ごした時間、さまざまな大学委員会での良好な協力、そして特に私たちの学生に対していつも幸せでやる気を起こさせる方法に感謝します。私はあなたとの最後の筆記試験を今でも覚えています。最後の質問、古典的な汗まみれのトピックについてはわかりませんでしたが、半大胆な仮定に基づいて何かを喜んでまとめました。1週間後の笑顔でのコメントは、「基本的な仮説は正しい、正しい、間違っているが、導出と解釈は正しい。それがすべてだよね」というようなものでした。

親愛なるアンネマリー、バルセロナからトップへの挨拶、そして哀悼の家族への心からの哀悼の意、
ウルリッヒ

Posted by Ulrich Eckhard on October 15, 2020
Liebe Annemarie,

danke für die gemeinsame Zeit an der Uni Salzburg, die gute Zusammenarbeit in den verschiedenen Unigremien, und deine immer freudige und motivierende Art, speziell uns Studierenden gegenüber. Kann mich noch gut an meine letzte schriftliche Prüfung bei dir erinnern, wo ich keine Ahnung hatte bei der letzten Frage, klassisch Thema verschwitzt, aber mir freudig etwas zusammengestoppelt habe basierend auf einer halbgewagten Annahme. Dein Kommentar mit einem Lächeln im Gesicht eine Woche später war in etwa: "Grundhypothese zwar richtig richtig falsch, aber Ableitung und Interpretation korrekt, und darum geht es ja, oder?", und hast mich mit einer guten Note davonkommen lassen.

Ruhe in Frieden liebe Annemarie, liebe Grüße aus Barcelona nach oben, und mein herzlichstes Beileid für die Trauerfamilie,
Ulrich
このメッセージは、 2020年10月17日に、濱中理惠さんが投稿
2020年10月16日投稿者GertraudÜblacker
親愛なるハンス!親愛なるクリスティーナ!
あなたのお母さんが亡くなったと聞いて悲しいです。彼女は背の高い女性で多くのことを成し遂げましたが、彼女の最大の功績はあなたの子供たちです。私たちはあなたを知っているのでこれを知っています!
静かな共感でHubertとGertraudÜblacker

Posted by Gertraud Üblacker on October 16, 2020
Lieber Hans! Liebe Kristina!
Wir sind traurig über die Nachricht, dass deine Mutter verstorben ist. Sie war eine große Frau und hat viel geschafft, aber ihre größte Leistung seid ihr Kinder. Wir wissen dies, da wir dich kennen!
In stiller Anteilnahme Hubert und Gertraud Üblacker
このメッセージは、 2020年10月17日に、濱中理惠さんが投稿
2020年10月16日投稿者ヴォルフガングレハラヒ 
サンジャ クルタジックから、

私は四半世紀近く前のアンナマリアの鮮明な記憶を持っています。私たちはソファに座って、人生、戦争、政治、子供たちについて話します。橋の下にはたくさんの水がありますが、私の心の中には本物の気持ちが今も残っているので、あなたのお母さんは、私の人生で会う特権として所有する一握りの本当に例外的な人間でした。

ルカに対する彼女の優しさと思いやりは、当時私を言葉に迷わせてしまうことがよくありました。私はかつて彼女にこれを感謝しようとしましたが、彼女は寛大さを軽視する最もエレガントで「紳士的な」行為を行いました。彼女の科学的業績は長く記憶に残るでしょう、そしてあなたとあなたの兄弟とあなたの家族への彼女の愛はあなたの心の中で常に大切にされるでしょう。

ルカと私はアンナマリアの思い出を大切にします。あなたのお母さんは最高級のスターダストでした!

(エリカに、賞賛の祭典のために)

鳩小屋から遠く離れて飛んで、外に出て行った鳩:
再び収容され、保護され、昼も夜も、
静けさが何であるかを知っています。彼女は翼を感じたからです。
彼女の放浪の過程ですべての距離と恐怖を通り抜けます。

家に残り、損失にさらされることなく、無実で安全な鳩は、優しさを知ることができません。取り戻された心だけが満足することができます:
それが諦めたすべてを通して、その習得を喜ぶために自由です。

広大な深淵を越えてアーチを描くこと。
ああ、私たちが敢えて無限の空間に投げ込んだボールは
、その戻りで私たちの手を違った形で満たしませんか?
鳩小屋のほかに外にとどまった鳩の外で亡くなります。
サークルと家に戻って、夜、昼、彼女は包摂するときの秘密を知っています
エイリアンホラーはフェルトフライトに寄り添います。

鳩の中で、最も惜しみなく、
決して最も危険にさらされていない、私は優しさを知りません。
回復した心が最も人が住んでいます:
撤退によってより自由になり、能力は喜びます。

どこにでもある!
投げられた、大胆なボール、
それ以外の場合はリターンで手を満たさない場合:
純粋にその自重のためにそれはもっとあります。

共有
投稿者GertraudÜblackerに2020年10月16日
親愛なるハンス!親愛なるクリスティーナ!
あなたのお母さんが亡くなったと聞いて悲しいです。彼女は背の高い女性で多くのことを成し遂げましたが、彼女の最大の功績はあなたの子供たちです。
私たちはあなたを知っているのでこれを知っています!
静かな共感でHubertとGertraudÜblacker

共有
投稿者ウルリッヒ・エックハルトに2020年10月15日
親愛なるアンネマリー、

私たちがザルツブルク大学で一緒に過ごした時間、さまざまな大学委員会での良好な協力、そして特に私たちの学生に対していつも幸せでやる気を起こさせる方法に感謝します。私はあなたとの最後の筆記試験を今でも覚えています。最後の質問、古典的な汗まみれのトピックについてはわかりませんでしたが、大胆な仮定に基づいて何かを喜んでまとめました。1週間後の笑顔でのコメントは、「基本的な仮説は正しい、正しい、間違っているが、導出と解釈は正しい。
それがすべてだよね」というようなものでした。

親愛なるアンネマリー、バルセロナからトップへの挨拶、そして哀悼の家族への心からの哀悼の意、
ウルリッヒ

Posted by Wolfgang Lehrach on October 16, 2020
From Sanja Kurtagic,

I have a vivid memory of Anna-Maria from nearly a quarter of a century ago. Us sitting on a sofa and talking about life, war, politics, our children…so much water under the bridge, yet a genuine feeling in my heart persists to this day that your mother was amongst a handful of truly exceptional human beings I had the privilege to meet in my life.

Her kindness and thoughtfulness towards Luka often left me lost for words then and so does now. I once tried thanking her for this but she performed a most elegant, “gentlemanly” act of downplaying her generosity, which later on reflection made me realise even better how truly special she was. Her scientific accomplishments will be long remembered, and her love for you and your brother and your families will be, I am certain, treasured in your hearts always.

Luka and I will cherish our memories of Anna-Maria. Your mum was made of the very finest stardust!


(To Erika, for the festival of praise)

Dove that ventured outside,  flying far from the dovecote:
housed and protected again,  one with the day, the night,
knows what serenity is,  for she has felt her wings
pass through all distance and fear  in the course of her wanderings.

The doves that remained at home,  never exposed to loss,
innocent and secure,  cannot know tenderness;
only the won-back heart  can ever be satisfied: free,
through all it has given up,  to rejoice in its mastery.

Being arches itself  over the vast abyss.
Ah the ball that we dared,  that we hurled into infinite space,
doesn’t it fill our hands  differently with its return:
heavier by the weight  of where it has been


Taube, die draußen blieb

Taube, die draußen blieb, außer dem Taubenschlag,
wieder in Kreis und Haus, einig der Nacht, dem Tag,
weiß sie die Heimlichkeit, wenn sich der Einbezug
fremdester Schrecken schmiegt in den gefühlten Flug.

Unter den Tauben, die allergeschonteste,
niemals gefährdeste, kennt nich die Zärtlichkeit;
wiedererholtes Herz ist das bewohnteste:
freier durch Widerruf freut sich die Fähigkeit.

Über dem Nirgendssein spannt sich das Überall!
Ach der geworfene, ach der gewagte Ball,
Füllt er die Hände nicht anders mit Wiederkehr:
rein um sein Heimgewicht ist er mehr.

メッセージ投稿

 
メッセージ
このメッセージは、 2020年10月17日に、濱中理惠さんが投稿
この賛辞は、2020年10月13日アンドレアPrivecによって投稿

それは必ずしも簡単ではありませんでした-しかし、人生の良いことは決してありません-安らかに休んでください、親愛なるアンネマリーと家族への私の哀悼の意

This tribute was added by Andrea Privec on October 13, 2020
Es war nicht immer leicht - aber das sind die guten Dinge im Leben nie - Ruhe in Frieden liebe Annemarie und mein Beileid für die Familie
このメッセージは、 2020年10月17日に、濱中理惠さんが投稿
2020年10月14日投稿者Hanneloreブライテンバッハ 
親愛なるアンヌマリー、

数日前、マイケルと私はザルツブルクのあなたの家のそばを運転しました-そして私は考えました:今、私たちはアンネマリーを訪問しなければなりません。そして今、あなたは私たちの前に進んでいます。マイケルは非常に動揺していて、それを信じることができません。研究所では必ずしも簡単なことではありませんでしたが、ここザルツブルクの大学で行ったすべてのことに感謝します。そして、一緒にいて楽しい時間を過ごした時代を振り返ります。何年もの間、マックスは
「アンネマリーはどうですか」と尋ねました。
あなたはあなたの子供とあなたの孫について話しました、そしてあなたはあなたが彼ら全員をどれほど愛しているかを見ることができました。そして、あなたはそれを完全に信じたことはありませんでしたが、今でもあなたは彼らに近づくことができることがわかります。
そしてAnnemarie:再会があります!あなたが今いるのはほんの少しの間です!
私たちはあなたの息子とその家族に哀悼の意を表します!
あなたを愛し、感謝するすべての人も。
さようならアネマリー!
マイケルとロア

Hannelore Breitenbach on October 14, 2020
Liebe Annemarie,

vor wenigen Tagen sind der Michael und ich bei Deinem Haus in Salzburg vorbeigefahren - und ich hab gedacht: jetzt müssen wir die Annemarie aber besuchen. Und jetzt bist Du uns voraus gegangen. Michael ist sehr bestürzt und kann es gar nicht fassen. Du weisst ja, dass es am Institut nicht immer leicht war, aber wir danken Dir für alles was Du hier in Salzburg an der Universität geleistet hast. Und wir denken an die Zeiten zurück, wo wir zusammen waren und eine gute Zeit hatten. Der Max hat noch Jahre gefragt
" Wie gehts denn der Annemarie".
Von Deinen Kindern hast Du erzählt und von den Enkerl und man hat gesehen wie sehr Du sie alle liebst. Und das hast Du ja immer nicht ganz geglaubt, aber nun wirst Du sehen, dass Du Ihnen auch jetzt nahe sein kannst.
Und Annemarie : es gibt ein Wiedersehen! Dort wo Du jetzt bist, ist es nur ein kleine Weile!
Deinen Söhnen mit Ihren Familien sagen wir unser Beileid!
All denen die Dich lieben und schätzten ebenso.
Auf Wiedersehen Annemarie!
Michael und Lore
このメッセージは、 2020年10月17日に、濱中理惠さんが投稿
投稿者サンドラLaner-Plambergerに2020年10月14日
親愛なるアンネマリー、

この場を借りて、私の卒業証書と論文の世話をしてくださったことに改めて感謝いたします。それはあなたの側で素晴らしくて有益な年でした。あなたのステップが今沈黙しているとしても、あなたの痕跡は残ります。

あなたへの最後の挨拶と遺族、
サンドラへの私の哀悼の意

Posted by Sandra Laner-Plamberger on October 14, 2020
Liebe Annemarie,

Ich danke Dir an dieser Stelle von Herzen noch einmal für die Betreuung meiner Diplomarbeit und Dissertation. Es waren wunderbare und lehrreiche Jahre an Deiner Seite. Auch wenn Deine Schritte nun verstummt sind, so bleiben Deine Spuren.

Ein letzter Gruß an Dich und mein Beileid für die Trauerfamilie,
Sandra
大切な人の生涯

花の代わりに、研究を支援するために寄付をすることができます。

花の代わりに、研究を支援するために寄付をすることができます。

オーストリアのアルツハイマー研究:  www.alzheimer-gesellschaft.at
Austrian Alzheimer research: www.alzheimer-gesellschaft.at

彼女は情熱と献身をもっていました

彼女は、人生、科学、音楽への愛情への好奇心に駆り立てられ、意欲的で独立した、非常に野心的で自己決定的な人生に乗り出しました。

彼女の両親は医者として、献身と努力を彼女に植え付け、祖母は自己に刺激を与えました。信頼。彼女の育成は、芸術と音楽、自己決定と独立した思考を注入されました。指揮者としてのキャリアの夢が妨げられたときでさえ、彼女は自分の道を歩みました。
彼女は、大学で化学を研究している数少ない女性の1人として科学者として野心的なキャリアパスを開始し、ウィーンからゴッティンゲン、ケンブリッジ(米国)、そしてハイデルベルクのEMBLのグループリーダーへと進みました。それから彼女は人間のゲノムのロックを解除するために人間のゲノムプロジェクトに自分自身を適用しました。その後、彼女はロンドンの最愛の人のところに行き、癌研究に専念しました。彼女は1999年以降、ザルツブルクで分子生物学と遺伝学の教授を続けました。

常に体と心で活性化し、好奇心を持ち、検索し、永遠に学びます

アンヌマリーは山にいたときが一番幸せでした。彼女のハイキング仲間、スポーツグループ、旅行中、または家族の輪の中で、彼女は生きていると感じました。私たちは皆、彼女のユーモア、いたずら好きな性格、私たちの議論で私たちに挑戦し、彼女のピアノ演奏で私たちの魂に触れる能力を愛していました。彼女は定期的にコンサートに参加することで音楽への愛情を育んでいました。彼女は優れた料理の愛好家でありクリエーターでした。

晩年、認知症の進行を伴って、彼女は自分が耐えなければならなかった苦しみにもかかわらず降伏することを望まず、自分が信じていることのために戦い続けました。

あなたの突然の死は、あなたにとって解放であるという認識にもかかわらず、私たちはあなたなしではまだ難しいと感じています。

私たちは永遠にあなたを心に抱いています。

Willensstark und unabhängig, angetrieben von der Neugier auf das Leben, der Wissenschaft und der Liebe zur Musik, schlug sie einen sehr ehrgeizigen und selbstbestimmten Lebensweg ein.Was sie tat, tat sie aus voller Leidenschaft und mit ganzem Einsatz.
Ihre Eltern lebten ihr als Ärzte Einsatz und harte Arbeit vor, die Großmutter prägte sie als selbstbewusste Frau, ihr Umfeld war inspiriert von Kunst und Musik, zum selbstständigen Handeln und Denken bereits in jungen Jahren bewegt, schlug sie selber einen Weg ein, der das Intellektuelle und Schöngeistige verband, auch wenn ihr ihr Traum einer Dirigenten-Karriere verwehrt blieb.

Als eine der wenigen Frauen in ihrem Chemiestudium startete sie eine ambitionierte Laufbahn als Wissenschaftlerin, die sie im Rahmen ihrer Diplomarbeit und der Promotion von Wien nach Göttingen, dann nach Cambridge (USA) und als Gruppenleiterin an das EMBL in Heidelberg führte. Zunächst galt ihr Einsatz v.a. der Mitarbeit im Großprojekt zur Entschlüsselung des menschlichen Genoms. Später wechselte sie ins ICRF in ihr geliebtes London und widmete ihr berufliches Engagement v. a. der Krebsforschung, das sie ab 1999 in Salzburg nach ihrer Berufung zur Professur an den Lehrstuhl für Molekularbiologie und Genetik fortsetzte.

Stets aktiv mit Körper und Geist, neugierig, suchend und ewig lernend.

Annemarie war glücklich, wenn sie in den Bergen war. Mit ihren Wanderfreunden, in der Sportgruppe, auf Reisen oder im Kreis ihrer Familie fühlte sie sich lebendig. Wir alle liebten ihren Humor, ihren Schelm, ihre Art uns in Diskussionen herauszufordern und unsere Seelen mit ihrem Klavierspiel zu berühren. Weiterhin blieb sie der Musik mit regelmäßigen Konzertbesuchen treu. Sie war eine Genießerin und ausgezeichnete Köchin.

Auch in den letzten Jahren, begleitet von einer fortschreitenden Demenzerkrankung, kämpfte sie weiter, für das, an was sie glaubte, nie bereit aufzugeben, trotz des Leides, welches sie erfahren musste.

Obwohl wir wissen, dass dein plötzlicher Tod auch eine Erlösung für dich war, so fällt es uns schwer auf dich zu verzichten.

Wir werden dich für immer in unseren Herzen tragen.
直近の思い出

博士からの詩 ヨハネス・フリショーフ

濱中理惠さんが2020年10月17日に投稿
私の中にはイメージがない、それはとても活気が
あるトーンもそうではない、それは圧倒する
体の平和を呼び起こす精神
ゆっくりと殺す考えだけ
そして、
空の形を通り過ぎる貝殻の写真、観察されていない
深い申し訳ない
沈没私の中で眠る出来事

彼らは感覚を感じるようになり
、灰から火を噴き出したい。
しかし、火花を残したく
ないので、調べる価値はないようです。

すべての井戸が乾いたままで
、私はほこり
の中でしゃがんでいます。口頭の川は遅れているよう
で、私

の喜びを解き放ちません。部屋は空のままです。距離の鐘だけ
こもった音が耳に当たる
と、若い男が前に進む
喜び、勇気、先見の明を
持って真の光への内なる衝動を持って

若者は信頼を感じたい若者
は秘密に没頭し続ける
人生のパズルは、すべての説明
しかし、それが残っている私たちに人間が拒否された

と知識は、それを持って来ることができない
人間の幽霊最後のアクション 
これではないということは浸透することができない
、それはすべての排気の戦いだそうでない場合

でも、それは自分自身を送信するために、彼をよくやった
見落とさない他の人に
No image in me, that is so vibrant
Also the tones not, that overwhelm
The spirit that beckons peace for the body
Only thoughts that slowly kill
And shell pictures that pass by
Empty shapes, unobserved
Sink with deepest sorry
Happenings that sleep within me

They come to feel the senses
And want to foment fire out of the ashes.
But don’t want to leave a spark
It doesn’t seem worth it to inquire

So all the wells remain dry
And I stay squatting in the dust
The verbal river seems to lag
And not unlock any joy in me

The room stays empty.  Only distance bells
Muffled noises hit the ear
And then, a young man steps forward
With joy, courage and foresight
With internal drive to true light

The youth want to feel trust
Will continue to be immersed in secrets
The life puzzles all explained
But it remains denied to us humans

And the knowledge cannot bring it
The human’s ghost last actions 
In this being not can not penetrate
Otherwise it’s all an exhausting battle

But it did him well, to send himself out
To not overlook others.

博士による詩 ヨハネス・フリショーフ

濱中理惠さんが2020年10月17日に投稿
私の中にはカラフルな絵はなく、心と体に
圧倒的に安らぎを与えるような音色でさえなく
、ゆっくりと殺す思考だけがあります。

そして、消えていく古い画像、
空のフォーム。目に見えない、彼らは
暗い深さに沈みます。
私の中で眠った出来事。

彼らは彼らの感覚でやって来て、
灰から火をかき立てたいと思っています
が、火花は発火でき
ません-それを宣言する価値は私にはありません。

そう
すれば、すべての泉が乾いたままで、私は部屋にとどまります。
スピーチの流れは停滞しているよう
で、喜びは私を手招きすることはできません。

部屋は空のままです。鳴り響く
鈍い遠い鐘だけが耳に当たる。
そして-若い男が前進します。
喜び、勇気、自信を持って、
真の光への内なる衝動を持って。

若い人たちは信頼を感じ
たい、謎を深く掘り下げたい
、人生の謎は完全にクリアされた-
私たち人間はまだそれを否定されています。

そして、すべての知識がそれをもたらすことはできません。
人間の精神は究極のもの
を彼らの存在の基礎に浸透させることはできません;
彼のすべての骨の折れる闘争は無駄です。

しかし、彼は
他人を見過ごしないほうがいいでしょう。

Gedicht von Prof. Dr. Johannes Frischauf

Shared by Hans Lehrach on October 12, 2020
Kein Bild in mir, das farbenprächtig,
auch Töne nicht, die übermächtig
dem Geist, dem Körper Frieden böten,
Gedanken nur, die langsam töten.

Und schale Bilder, die vergehen,
entleerte Formen. Ungesehen
versinken sie in trüben Tiefen.
Geschehnisse, die in mir schliefen.

Die kommen in der Sinne spüren
Und woll´n aus Asche Feuer schüren
Doch lässt kein Funke sich entzünden –
Nichts schein mir wert, es zu verkünden.

So bleiben alle Quellen trocken,
und ich bleib in der Stube hocken.
Der Rede Fluss scheint mir zu stocken
Und keine Freude kann mich locken.

Der Raum bleibt leer. Nur ferner Glocken
Verdämmernd Läuten trifft das Ohr.
Und dann – ein junger Mann tritt vor.
Mit Freude, Mut und Zuversicht,
mit innerem Drang zum wahren Licht.

Die Jugend will Vertrauen fühlen,
will weiter im Geheimnis wühlen,
des Lebens Rätsels ganz geklärt –
es bleibt uns Menschen doch verwehrt.

Und alles Wissen kann´s nicht bringen.
Des Menschen Geist kann letzten Dingen
In ihres Wesens Grund nicht dringen,
umsonst ist all sein mühsam Ringen.

Doch tät er wohl, sich anzuschicken,
an anderen nicht vorbei zu blicken.